大田区の美術品買取|美術品買取専門店なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら
space

FAQ

大田区の美術品買取で買取額が
低くなるダメージはどんなものがありますか?

大田区で美術品買取をしている業者があることを知って、私はいくつか美術品を持っていて、それらを処分しようと悩んでいたため、ちょうどいいなと思いました。
そこで、実際に業者に査定を依頼したいと思っているのですが、そのときにダメージのある美術品を査定してもらうと買取額が落ちるのではないかと気になっているところです。
美術品に傷がついていると買取額にどのような影響を与えてしまうのか教えてください。

answer

ダメージのある美術品は買取額が落ちる
可能性があるため注意しましょう

これから美術品の買取を利用するときには、ダメージのある作品を所有していると、それが査定にどういった影響を与えるのか気になるでしょう。
私達は長年にわたって美術品の買取や査定を実施してきた業者であり、さまざまなタイプの美術品を取り扱ってきました。
先日、美術品査定に関する問い合わせを電話で受けたときには、美術品にどういったダメージがあると買取額に影響を与えるのか知りたいとのことでした。
そこで、美術品に生じやすいダメージとしてワレや縮み、シミ、カビ、剥離といったものが存在していて、これらの影響によって査定額が下がってしまうことがあると説明しました。
また、その作品で中心的な部分にダメージが残っていると特に価値に大きな影響を与える可能性があると伝えたところ、納得できたという言葉をもらいました。
こちらの方は実際に私達のところへ査定を依頼されたため、受け取った商品の査定を責任を持って行いました。
多少ダメージが残っていたのですが、おおむねキレイに保管されていたため、買取金額がそこまで落ちてしまうことはなく、結果を伝えたところ喜んでくださいました。
このように美術品のダメージというのは買取に影響を与えることがあるため注意しましょう。
美術品を持っている人は、できるだけダメージを与えないように注意して扱うことをおすすめします。
大切に保管しておくことで買取査定に出したときには高く評価してもらいやすくなります。

PageTop