新着情報 | 絵画買取なら獏|高価絵画買取・LINE査定もできる美術品買取専門店

株式会社獏
  • 無料査定フォーム
  • LINE査定はこちら

新着情報


2023/02/24

平山郁夫の版画を買取させて頂きました!

平山郁夫

日本画家・平山郁夫の版画作品を買取いたしました。生まれは広島県で、学生の頃に被爆した体験を持っています。この被爆経験が後の「文化財赤十字」活動などの原点となります。
生涯通してシルクロードを描き続け、その豊かな色彩と叙情的な風景で今なお高い人気を誇っています。月が光輝く中静かに進むラクダや、陽炎が見えてきそうな昼の砂漠をどこまでも歩く旅人など、景色の切り取り方が非常に上手な作家です。作品の技法により査定価格が変わるので、お手持ちの作品がいくらくらいになるのかな、と気になる方がいらっしゃいましたら是非一度お問い合わせください!


2023/02/02

洋画家・藤田嗣治の作品を買取いたしました!

藤田嗣治

藤田嗣治の版画作品を買取させていただきました。没後50年以上たってもなお不動の人気を誇る藤田嗣治ですが、レオナール藤田やレオナルド藤田、ツグジなど様々な呼び名を持つ作家でもあります。長くフランスで暮らし、フランスに帰化してレジオンドヌール勲章も受賞。独特のタッチと叙情的な筆致が印象的な作家です。藤田は特に猫が好きで猫も多く描いています。猫の中には高額なシリーズもありますので、作品をお持ちでしたらぜひ一度ご相談ください!


2023/01/20

洋画家・田崎広助の油絵を買取いたしました!

田崎広助

明治・昭和の洋画家・田崎広助の作品を買取いたしました。「山岳画家」とも言われる田崎はたくさんの山を描きましたが、その中でも「阿蘇山」を好み、晩年は「富士」も多く描きました。パリ留学から得た経験で培った独特なタッチと牧歌的な色合い、そして日本人ならではの東洋的視点がマッチした作品は今でも高い人気を誇っていますが、ニセモノも多いので注意が必要です。ワレや欠けなどのダメージがあると査定に影響しますが、丁寧に見させていただきますので、是非一度ご相談ください。


2023/01/10

洋画家・児玉幸雄の作品を買取いたしました!

児玉幸雄

新年あけましておめでとうございます。
本年も獏をどうぞよろしくお願いいたします。

本日は新年一発目にふさわしい豪華な作品をお届けします。児玉幸雄の油彩の大作です。
ヨーロッパの優雅で趣のある街並みを鮮やかに描いた作家として有名ですが、これほどに立派で大きい作品はなかなかお目にかかれません。目の前にすると迫力と色彩の豊かさに驚かされます。
有名作家の油絵は大きければ大きいほど買取金額が上がる傾向にあります。作品をお持ちで、売却を検討されている方は是非一度獏にお問い合わせください。


2022/12/20

ローランサンの版画作品を買取いたしました!

ローランサン

ローランサンの版画作品を買取いたしました!マリー・ローランサンはフランス・パリの女性作家で、ブラックやピカソとも交流を持ちキュビズムに強く影響を受けたと言われています。戦乱の後キュビズムから脱し、パステルカラーで美しい女性を描く画風と切り替わっていきパリの上流階級ではローランサンに肖像画を依頼するのがブームになったのだとか。
非常に人気が高く版画作品も多く作られています。そのため査定価格は比較的落ち着いたものになる上に、画像のようにシミが出やすいので注意が必要です。原画ですと一気に高額の可能性が上がりますので、一度確認してみては?!


2022/12/19

洋画家・カトランの作品を買取いたしました!

カトラン

ベルナール・カトランの油彩作品を買取させて頂きました。カトランと言えば大胆にデフォルメされた植物と花瓶、温かみのある配色で日本人にも非常に愛された作家です。版画作品は多く目にしますが、今回は大きな原画になります。厚く塗りこめられたマットな黒に、ひときわ映える赤い花と背景の黒よりさらに黒い花の対比が見事です。カトランは日本人に大人気であったため、版画作品が多く流通し査定金額も比較的落ち着いたものになっている傾向です。しかしながらこのような原画ですとかなりの評価が出来ると思いますので作品をお持ちでしたら、お気軽にお問い合わせください。


2022/12/15

木版画家・斎藤清の作品を買取いたしました!

斎藤清

斎藤清の木版画を買取させて頂きました。文化功労者でもある斎藤清の木版画は懐かしく郷愁を誘う作風が特徴です。有名な「会津の冬」シリーズのほか、お城や仏像などもモチーフにしています。本作品は「春の鶴ヶ城」、会津若松の鶴ヶ城を堅牢かつ雄大に描いています。


2022/12/09

間部学の油彩作品を買取いたしました!

間部学

間部学の油彩作品を買取いたしました。間部学は熊本生まれの日系ブラジル人で、「マナブマベ
」とも呼ばれています。10歳の頃両親と共にブラジルへ渡り、沢山の賞を受賞しました。赤を基調とした鮮烈な色使いで、抽象的な絵画を多く制作。本作品も厚めのマチエールとどっしりとした絵の具の質感が素晴らしくやはり日本人とはどこか違うな‥!(語彙力)と思わせてくれます。


2022/12/05

洋画家・芝田米三の作品を買取いたしました!

芝田米三

芝田米三の人物画を買取いたしました。芝田米三は京都生まれの日本の洋画家で、具象派で知られています。抽象か具象かで時代の渦が荒れていたときに「思想を描くにはやはり具象で表現するしかない」と思い至ったそうです。大自然や馬といったモチーフを好んで描きましたが、藤子夫人と海外取材へ赴き、そこで生きる女性の絵もたくさん生み出しました。
まっすぐにこちらを射てくる眼差しに捕われると、思わず胸の内を見透かされたような気分になります。美しく、強い女性たちの姿は雑誌「婦人公論」の表紙も約4年間飾りました。


2022/12/02

洋画家・森田茂の作品を買取させて頂きました!

森田茂

昭和の洋画家・森田茂の油彩作品を買取いたしました。
キャンバスに「塗る」というより「塗り込める」といったような盛り上がった筆致で有名な作家で、作品の表面は非常に厚みがあり凸凹としています。これにより、モチーフの躍動感や情熱・想いが真に迫ってくるような感覚になりますね。人物画・風景画とたくさんの作品を残していますが、山形県で見た黒川能に衝撃を受け、踊り子や能の様子をライフワークとして描き続けました。この重厚なマチエールがゆえにワレやヒビなどのダメージが出やすい作品も多いため、作品をお持ちの方は是非一度獏にご相談ください。


PageTop

  • 美術品買取専門店 獏
  • 〒143-0016 東京都大田区大森北3-5-7 ロイヤルビル1階
  • フリーダイヤル 0120-89-0007 TEL:03-6423-1033
  • 営業時間:10:00〜18:00 定休日:日曜日・祝日
  • POSTIVE OFF
  • youtube
  • instagram
  • facebook