簡易査定・お問合せ
LINE査定はこちら

藤田嗣治 買取のポイント

美術品買取専門店 獏 では
■藤田嗣治(ふじたつぐはる)■の
絵画(油絵・水彩・版画)作品の買取を強化しております
是非ご相談ください

作家について

1886年〜1968年 物故作家。
日本の洋画家。フランス名はレオナール・フジタ。東京都生まれ。東京藝術大学卒業後、1913年に渡仏し、第1次大戦下にはパリにとどまって生活を送り、モディリアーニらと親しく交友する。その後、エコール・ド・パリの著名なひとりとして国際画壇のなかで活躍し、1929年に17年振りに帰国して個展を開催する。その後、南米・中米旅行などをへて、1940年には第2次大戦下のパリを脱出して帰国し、戦争中は、戦争記録画の第一人者として活躍する。戦後、日本画壇のなかでの中傷などされ、1949年に日本を離れてアメリカ経由でフランスにわたり、1955にはフランス国籍を取得する。1959年にランス大聖堂でカトリックの洗礼を受ける。臨終には君代夫人、海老原喜之助、田淵安一、元パリ市会議員ジョルジュ・ブラジェが付き添う。
藤田嗣治
space

買取査定のポイント・絵画の特徴

藤田嗣治といえば<裸婦><猫><少女><自画像>など様々なモチーフで作品を制作しました。1919年ころから独自な乳白色の下地に、繊細な描線で描いた作風が藤田嗣治の代名詞と言えるでしょう。日本人だからこそ到達できた油絵の境地です。高価買取のポイントは<少女>か<猫>でしょう。油絵・水彩・版画関係なくこの2つのモチーフが高価買取しやすいです。作品の描き込み具合や繊細さを見て判断させていただきます。版画作品に関しては、色がついている作品の方が良いとされ、近年ではエスタンプ作品なども作られています。

買取の注意点

絵画・油絵作品は湿気等によるワレやカビ等のダメージが発生しやすいです。版画に関しては退色やシミなどのダメージが出やすいです。作品によっては数十年以上経過していますので、状態のチェックは必要です。コンディションにより評価が変わりますので、現物確認後に最終的な判断させていただきます。油絵などの原画作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますので、お気軽にお問合せください。
美術品買取専門店 獏

PageTop