簡易査定・お問合せ
LINE査定はこちら

岡本太郎 買取のポイント

美術品買取専門店 獏 では
■岡本太郎(おかもとたろう)■の
絵画(油絵・水彩・版画)作品の買取を強化しております
是非ご相談ください

作家について

1911年 〜1996年 物故作家。
神奈川県川崎市生まれ。父親は漫画家で母親は小説家であった。1929年に東京藝術大学に入学したが、半年で退学しフランスへ渡る。パリ大学で人類学や哲学を学びながら美術に取り組む。カンディンスキーらとの交遊で抽象美術に目覚め、その後アンドレ・ブルトンらと交際し、シュルレアリスムの画風を築いた。帰国後、1946年よりグループ<夜の会>を結成して戦後日本の前衛美術を牽引した。代表作は大阪万博のモニュメント<太陽の塔>などがある。
岡本太郎
space

買取査定のポイント・絵画の特徴

岡本太郎といえば、日本で最も名を知られている前衛作家のひとりではないでしょうか。大阪万博の太陽の塔をはじめ、メディアにもよく出ていたので馴染み深い作家です。<芸術は爆発だ>という言葉に聞き覚えがある方は多いと思います。最近でも岡本太郎語録をまとめた書籍がヒットしており、死後20年以上経過していますが若い世代からも愛されており、時空を超えて影響力を発揮している岡本太郎の凄さを感じます。
高価買取のポイントは<岡本太郎らしさ>です。原色を中心に大胆でダイナミックに描かれた作品は唯一無二です。熱く激しく感情をむき出しにした作品は岡本太郎という人間の写し鏡だと思っています。そのような感情が憑依している作品は高価買取しやすいです。
版画作品に関しては、本人の直筆サインがある作品とスタンプサインのみの作品があります。当然ですが、直筆サインの方が高い評価を得ています。

買取の注意点

絵画・油絵作品は湿気等によりワレなどのダメージがでる場合があります。版画作品に関してはシミや退色などのダメージが出やすいです。作品によっては数十年以上経過していますので、状態のチェックは必要です。コンディションにより評価が変わりますので、現物確認後に最終的な判断させていただきます。所定鑑定機関はありませんので、お気軽にご相談ください。
美術品買取専門店 獏

PageTop