小磯良平|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 小磯良平

小磯良平

1903年〜1988年 物故作家。
兵庫県神戸市生まれ。1927年に東京藝術大学を卒業する。1953年に東京藝術大学教授に就任する。1958年に当時の美術学部長の伊藤廉と計って東京藝術大学美術部に版画教室を設ける。石版画(リトグラフ)を脇田和、銅版画(エッチング等)は駒井哲郎を招き指導にあたってもらった。後に文部省から正式に認可を受け版画教育の礎を築いた。
代表作は<裸婦><斉唱><働く人々>などがある。

絵画買取のポイント

小磯良平の作風について
小磯良平といえば、<デッサン力>に裏付けされた絵画作品ではないでしょうか。油彩の制作に至る過程にあって同じくらいの比重でデッサン(素描)に力を入れたのではないかと思われます。その結果として小磯良平が描く被写体は無理がなくリアルなのです。現代社会では写真などを加工して良く見せようとしますが、小磯良平は手を長くするなどの物理的な加工はせず、ありのままの美しさを示してくれます。デッサンで鍛え上げた技術があってこそだと思います。

小磯良平の買取金額について
高価買取のポイントは<女性>でしょう。
小磯良平は多くの女性作品を描いてきました。風景や静物も人気があり全般的に評価が高い作家ですが、代表作は女性を描いた作品でしょう。買取価格が高価格帯になることが多いので、女性を描いた作品でも時代や書き込み具合によってかなり金額に差が出ます。
技法により評価が異なりますので順に見ていきましょう。

@ 油絵
キャンバスに油絵の具で描かれた作品です。女性の構図が高価買取しやすいです。構図次第ですが晩年の作品の方が評価しやすい傾向です。バブル期の金額と比べると落ち着いた価格帯ですが、今でも人気がある作家の1人です。
油絵などの原画作品は<小磯良平鑑定員会>が所定鑑定機関になりますが、鑑定書が無くても買取は可能となります。気軽にご相談ください。

A 水彩・デッサン
紙に描かれた作品です。油絵と同様ですがモチーフ・サイズ・コンディションにより評価が変わります。作品の内容によっては油絵よりも高く評価できる場合もあります。鑑定書は必要です。

B 版画(銅版画・リトグラフ)
版画に関しては<銅版画>がポイントです。銅版画とうはエッチング、ドライポイント、メゾチントなどの総称です。小磯良平はリトグラフも制作していましたが、現在の評価は相対的に銅版画の方が高いです。油絵を描く際も大事にしていたデッサン力を存分に発揮し、下絵ではなく一つの芸術作品まで昇華させた作品群になります。特に<舞妓>や<バレリーナ>のモチーフは人気があり評価しやすいです。

まとめ
小磯良平の版画作品は原画作品と比べて市場に流通している量が多く、よくお問い合わせをいただいております。タイトルだけでも作品を特定できるものもありますが、画像をLINEやメールでお送りいただけると査定はスムーズになります。
図柄と作品の大きさが分かればお電話でも概算価格をお調べできますので、お気軽にご相談ください。


絵画の買取について詳しくみる

小磯良平の作品

バレリーナ

■バレリーナ(エッチング)
1968-69年の間に制作された50部限定の版画作品です。表現力の高さが見受けられます。

椅子にかける女性(a)

■椅子にかける女性(a)(エッチング)
1975-76年の間に制作された50部限定の版画作品です。バレリーナに比べると少し評価が低くなります。

フランス人形

■フランス人形(リトグラフ)
版画作品でもリトグラフになりますと、評価が低くなります。

舞妓

■舞妓(リトグラフ)
買取金額は4万〜5万円です。

ドレスの女B

■ドレスの女B(リトグラフ)
買取金額は2万〜3万円です。

二人の女性

■女性図(仮題)(エッチング)

PageTop