バカラ|西洋アンティーク買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

バカラ

バカラ サイン

フランスの世界的有名なクリスタルブランド。
1764年、度重なる戦争で疲弊したフランスを復興させようと、ロレーヌ地方バカラ村にルイ15世の命によりガラス工場が設立されたのが始まりである。(現在も同じ場所に至る)
1814年に初めてクリスタルガラスが製造され、1825年にはアルクール公爵の注文により「アルクール」シリーズの原型が登場する。また、1855年、1867年、1878年のパリ万博ではグランプリを受賞し、そのブランドの知名度は高まっていった。
製品のうち消費者に渡る6−7割の他は不適合作品として破棄される。そのため2級品やアウトレットなどの作品は存在しないとされている。
極めて技術力の高いバカラ社はフランスのM.O.F、フランスの最優秀職人を50人以上輩出している。また各国の王室、皇室でも愛用されていてイギリス王室やロシア皇室、タイ王室、モロッコ王室、そして日本皇室も注文している。1921年には当時皇太子だった昭和天皇がパリのバカラショップを訪問したとある。

買取ポイント

バカラの作風

世界的なクリスタルブランドとして高い人気を誇っています。日本国内でもプレゼントとしても使用され、デパートなどで見かける方も多いでしょう。ウィルキーグラスやシャンパングラスなどのテーブルウェアがメインですが、オブジェやシャンデリア等の装飾性が高い作品も存在します。非常に歴史あるブランドですが、時代背景やトレンドに合わせ多くの作品を生み出しています。

バカラの主なシリーズ
・アルクール
1825年、アルクール公爵の注文から誕生。どっしりとした台座と力強いフォルムが特徴
・ローハン
 1855年に誕生。アシッドエッチングが施された作品。
・パーフェクション
 1933年誕生。フランスで「完璧」という意味。
・タリランド
 1937年に誕生。大胆なフラットカットが特徴。
・パルメ
 1939年誕生。フランス大統領の別邸ランブイエ城で実際に使われている。想像上の鳥が描かれている。
・ベガ
 1980年誕生。織姫星の意味をもつ。
・マッセナ
 1980年誕生。「勝利の申し子」と呼ばれたナポレオン時代のフランス軍人アンドレ・マッセナにちなんで命名。華やかなカットが特徴。
・コンコルド
 2001年に誕生。金彩がゴージャスな作風。

バカラの現在の評価と価値

プレゼントなどの贈答品としても使用されているため、美術品の中では多くの方が所有されている印象です。日常でも使用できるテーブルウェアから非日常空間を演出する特別なものまで幅広いジャンルがあります。買取金額にも影響し、シンプルなテーブルウェアよりもオブジェやシャンデリアなどの高級感がある作品の方が評価は高い傾向です。
買取金額は数千円台から100万円以上と様々で、ある程度販売価格にも比例します。バカラの作品のご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

西洋アンティークの買取について詳しくみる

バカラの代表作品

  • バカラ

  • バカラ

  • バカラ

PageTop