ブログ 株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

2019年12月25日 [日本画 買取]

中島千波の代表作は桜!人気日本画家!買取に適した売却時期は?

桜

日本画家『中島千波』について


1945年 日本画家中島清之の三男として疎開先の長野県に生まれる。
1965年 東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻に入学。
1992年 長野県上高井郡小布施町におぶせミュージアム・中島千波館(名前変更後)が開館する。
       数々の展覧会を行い2000年に東京芸術大学美術学部教授に就任する。
現在も精力的に活躍されており、今後の活動や評価も楽しみな作家さんのひとりです。

少し話が逸れますが、よくお客様より<作家が亡くなった後作品の値段が上がりますよね?>という質問をいただきます。みなさん勘違いされているようですが、基本的には作家が亡くなった後に市場価値は上がりにくいです。ただ、芸術的価値の側面では再評価される場合はあります。

値段が付く市場価値と学問的な芸術的価値は、必ずしもイコールの関係ではないので注意が必要です。
ゴッホなどの一部の作家は亡くなった後に評価されて、天文学的な金額まで値上がりしました。日本人にとっては、バブル期に斎藤了英が<医師ガシェの肖像>を約124億で購入したことが思い起こされるでしょう。
多くの作家の場合は、生前にどれだけ活躍するかが市場価格に影響を与え、世界的に評価される作家の場合は死後に再評価されて金額が値上がりするケースがあります。
何はともあれ、絵画・美術品を扱う立場としては、中島千波の今後が楽しみですね。

高価買取しやすいモチーフは桜


何といっても中島千波といえば【桜】でしょう。
その為、買取に関しても桜が描かれている作品は日本画・版画(リトグラフ・シルクスクリーン・木版画)を問わず、最も評価が高いといえます。
1981年から2005年の間に473点の版画(リトグラフ88点、木版149点、シルクスクリーン236点)を制作しており、流通量は比較的多いですが、桜のモチーフに関しては大きな値下がりはしていない印象です。十年前のデータですので現在はさらに多くの作品が世に出ています。日本人作家でも有数の数でしょう。

また、商売上のタイミングで、桜が咲く前に需要が高まります。
年末年始から2月頭くらいにかけて最も動きが出てくるといえますので、何年も飾っていない中島千波作品をお持ちの方は、このタイミングでの売却がベストと言えるでしょう。

季節感があるからこそ日本人の心になじみ感動が増す


日本には四季があります。近年はバランスが崩れて春と秋が多少短くなっている気がしますが、それでもなお桜は咲きますし、紅葉も見ることが出来ます。日本画というジャンルは日本に根差した表現方式ですので、四季と関係した作品が多く制作されております。
一年中インテリアの一部として飾って楽しむ作品もよいですが、日本人だからこそ四季に合わせて作品を架け替える楽しみもいかがでしょうか。

美術品には人それぞれ、様々な向き合い方があると思います。弊社は絵画・美術品の売買を通じてコレクター方の橋渡しをしたいと思っております。
絵画・美術品の整理・売却などをご検討の方は、是非当社 東京の美術品買取専門店獏 へお気軽にご相談ください。

関連記事

PageTop