ブログ 株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

日本にある画廊の種類は2種類 〜貸画廊と企画画廊〜

ギャラリー

はじめに


こんにちは、東京の美術品買取専門店 獏です。
早速ですが、みなさんは「画廊(ギャラリー)」と聞くとどのような業務形態を想像するでしょうか。

芸術活動をしたことがある方と、美術に接する機会が少ない方とではイメージする画廊が違うかもしれません。

実は画廊の形態は大きく分けて2種類、【貸画廊】と【企画画廊】があります。【貸画廊】という形態は日本独自のことであり、世界的にも珍しいらしいです。
私はギャラリーを運営しているわけではありませんが、絵画・美術品の買取を専門に行っている立場から、それぞれの特徴と違いを解説したいと思います。

貸画廊とは?


貸画廊とは、ギャラリーのスペースを貸すことを本業としている画廊です。
平たく言うと画廊専門の賃貸経営の様なものです。借り主の多くは他に発表の場を持たない若手作家であり、作家自身で集客、搬入、設置、撤収などすべてをこなす必要があります。貸画廊側はあくまでもスペースを貸すだけであり、プロデュース的な行為は一切行いません。世界的に見ても珍しい画廊形態と言われています。

企画画廊とは?


次は企画画廊です。
画廊・ギャラリーと聞くと多くの方がイメージされるのはこちらでしょう。扱う作家により細分化されますが、特定の作家を扱い、何らかのプロデュース行為を行う画廊は企画画廊に含まれるでしょう。画廊によっては物故作家(既に亡くなった作家)をメインに取り扱っているところもありますが、その作家の在庫を使い展覧会を組めば成立します。

プロモーション活動をしてくれるのと、展覧会の経費を負担(※契約内容によっては例外があるかもしれません)してくれる点が、作家にとって大きなメリットです。

企画

まとめ


バブル期は貸画廊の数が非常に多かったそうです。全盛期と比べると現在 数は少なくなっていますが、若手作家や、趣味の延長線で制作活動を行っているセミプロのような方からの需要はあります。

同じ「画廊」という名前ですが、求められている役割が大きく異なっている印象です。形は違えど作品を鑑賞する空間であることに変わりはありませんので、気になる展覧会があれば積極的に足を運んでいただければと思います。

関連記事

PageTop