北大路魯山人|陶磁器買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

陶器作家 北大路魯山人

北大路魯山人

1883年〜1959年 故物作家。
京都市北区加茂上北大路町の社家に生まれる。
実幼少期は恵まれた環境とは言えず、生まれる前に父親が自殺し、生まれて間もなく母親も失踪してしまったため、親戚の家を転々とたらいまわしにされる生活を6歳まで続けた。そして竹町屋の木版師・福田武造・フサ夫人の養子となり落ち着く。そこでも自ら炊事をかってでて、その中で味覚と料理の基本を学ぶ。小学校卒業後は丁稚奉公となり、この時期に竹内栖鳳の作品を目にして感銘を受ける。しかし画学校の進学は叶わず養父の家業を手伝うことになる。その後そこで木版技術を身に付ける一方、書道の才能も開花し、最年少で賞をとる腕前を見せた。1903年に実母に会うために上京し、そのまま東京での生活を始める。1905年には岡本太郎の祖父、岡本可亭に入門し2年後に独立した。1910年頃に朝鮮で旅をしつつ朝鮮総督府で職を得て暮らし、現地の有名書道家とも交流した。帰国後は福田大観と名乗って制作に打ち込み絵や篆刻などの作品を残した。また、竹内栖鳳の紹介で日本画の巨匠達とも接点を持つようになった。1916年、兄の逝去で実家の家督を継ぎ北大路姓となる。さらに料理への関心も高まり、会員制の「美食倶楽部」を発足し、自作の食器に自らの料理を振る舞い評判となる。そして1927年魯山人窯芸研究所を設立。荒川豊蔵を招き本格的な作陶を開始する。百貨店の作品展も成功し、1954年には海外でも展覧会を開き名声を不動のものとする。1955年に人間国宝の認定を受けるも「作家は作品が永遠にものを言うのだから勲章なんて飾りはいらない」とこれを辞退した。

買取ポイント

北大路魯山人の作風

北大路魯山人という名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。陶芸、絵、書、漆芸、篆刻、美食など多彩な芸術の才能に恵まれた人物として知られていますが、多くの人は陶芸家としてよりも美食家としてのイメージが強いかもしれません。漫画『美味しんぼ』に登場する海原雄山というキャラクターのモデルとしても有名です。
魯山人は多作とも知られ、作風は多岐にわたっていました。志野、備前、織部、染付等、縦横無尽に作陶し、一つのジャンルにこだわることなく柔軟に作品をつくりました。料理に使用するために作られた経緯から、特定のジャンルを極めるという一般的な陶芸家の目的とは大きく異なるのが大きな要因ではないでしょうか。
結果的に多様な作品を制作したことにより、魯山人の才能を数多く享受できる事ができました。

北大路魯山人の現在の評価と価値

相場が落ち着いてきた陶芸市場において、買取金額で1000万円以上の作品がある数少ない作家でしょう。もちろん、すべての作品がそのような金額ではなく、美術館に収蔵されていてもおかしくないような一級品と呼ばれるモノのみですが、大台を超える可能性がある作家は非常に珍しいです。陶芸界の作家では他に板谷波山くらいでしょうか。

様々な作品を残した作家のため作品により大きく買取金額が異なります。数万円台から数百万円台と様々ですが、市場に流通する多くが数十万円台におさまる印象です。
知名度も市場価値も高い作家のため、贋作も多く作られています。現物を見てしっかりと判断させていただきます。

北大路魯山人の作品のご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

陶器の買取について詳しくみる

PageTop