猪熊弦一郎|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 猪熊弦一郎

猪熊弦一郎

1902年〜1993年 物故作家。
香川県高松市生まれ。1921年に香川県立丸亀中学校を卒業後に上京する。本郷洋画研究所で学び、翌年東京美術学校西洋画科(後の東京藝術大学)に入学する。同期には、牛島憲之、岡田謙三、荻須高徳、小磯良平、山口長男らがいた。一時期病のため休学するが、1925年から藤島武二教室で学ぶが再び健康を害したため東京美術学校は中退する。1938年に渡仏し1940年まで滞在する。ニースにアンリ・マチスを訪ねその指導を受け、藤田嗣治とアトリエを共にする。同年藤田、荻須らと同船し帰国する。戦時中は従軍画家として戦地に向かう。1955年に立ち寄ったニューヨークに魅了されアトリエを構える。翌年からニューヨーク・ウィラード画廊の所属画家となる。以後20年間ニューヨークを足場に制作活動を展開する。1973年に脳血栓を患ったため、1975年にニューヨークのアトリエを閉じ、翌年からは冬期をハワイで静養する。夫人を亡くしてからの晩年は「顔」のシリーズに意欲を燃やす。享年90歳。

絵画買取のポイント

猪熊弦一郎といえば、日本抽象画界の第一人者といえます。美術界の覇権をフランスが握っている中いち早くニューヨークを拠点にして時代を代表する作家たちと交流し革新的な作品を世に生み出してきました。明るくモダニズムな絵画を抽象的に描き、具象という枠から解放された自由な作風です。幾何学的な表現方法で明確な色彩と点や線による画面構成は生きる活力になるでしょう。

高価買取のポイントは<抽象>でしょう。
半具象のモダニズム絵画から幾何学的構成による抽象へと転じ、明るい色彩と単純な点や線による明快な構成に独自の作風をうち立て、戦後を代表する抽象作家です。戦前の具象画、戦後の半具象、ニューヨーク時代の抽象、晩年の顔シリーズなど様々な表現様式で作品が残されています。数万円〜数百万円と買取査定額に幅が出ますのでお気軽にご相談ください。紙に描かれている作品よりはキャンバスに油彩の方が高買取しやすいですが制作年代や図柄によっては評価が異なります。

買取の注意点
絵画作品は湿気等によるワレなどのダメージがでる場合があります。紙に描かれている作品はシミや紙の破れ等のダメージが発生しやすい印象です。コンディションにより評価が変わりますので、現物の確認後に最終的な判断させていただきます。
猪熊弦一郎の原画作品は<日本洋画商協同組合>が所定鑑定機関になりますが鑑定書が無くても査定は可能となります。お気軽にご相談ください。



絵画の買取について詳しくみる

猪熊弦一郎の作品

顔

■顔(版画)

宇宙滑走路

■宇宙滑走路(版画)

四十年の歩み

■四十年の歩み(版画)

PageTop