笠井誠一|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 笠井誠一

笠井誠一

1932年〜現在に至る。
日本の洋画家。北海道札幌市生まれ。17歳で上京して練馬区内に居を構える。都立石神井高校、阿佐ヶ谷洋画研究所夜間部に通い、1953年に東京芸術大学美術学部絵画科に入学し洋画家・伊藤廉の教室で学ぶ。絵画科卒業後に専攻科に進み修了する。1959年にフランス政府給費留学生に合格し、パリに渡る。パリでは国立高等美術学校で学びサロン・ドートンヌに入選し、個展も開催する。1966年の帰国後は愛知県立芸術大学で1998年まで教鞭を執り、同時期から東京都八王子市にアトリエを構える。1980年に文部省在外研究員として半年間フランスに滞在する。2018年に練馬区立美術館で個展を開催し、2019年には北海道文化賞を受賞する。1985年から立軌会に同人として参加する。

絵画買取のポイント

笠井誠一の作風について
落ち着いたイエローを軸にして構成した静物画が特徴的です。カジュアルにデザイン化された対象物は万人から愛されるような親しみやすさを感じます。笠井誠一の画歴を振り返ると初期の作品は風景画や人物画を描いていましたが、1970年代後半から静物画を中心に制作を始め現在の作風に到達しました。2018年に練馬区立美術館で個展を開催し、80歳過ぎても精力的に活躍する姿は画家の寿命の長さを証明します。藝大卒業後から現在まで第一線で活躍し続けるのは並大抵の努力ではありません。評価され続けたからこそ個展が開催できます。
笠井誠一のサインは特徴的です。一般的な画家は画面の左下か右下に控えめに書いている事が多いですが、笠井誠一はサインがデザインの一部のように目立つように入っている作品もあります。

笠井誠一の買取金額について
高価買取のポイントはデザイン化された静物画です。1970年代前半までは風景作品も描いていましたが静物作品と比べると評価は下がります。作品の買取価格は静物作品かそれ以外の構図かで評価が分かれますので順に見ていきましょう。

@ 静物
笠井誠一の代表的な構図です。代表的な構図であり最も評価が高いです。
10号くらいの作品で25万〜35万円前後が基準となります。作品のサイズ、構図、コンディションによって評価が変わりますが上記相場が基準となります。

A 静物以外
作品の流通量は少ないですが風景や人物をモチーフにした作品も描いています。静物作品に比べると希少なので今後評価が変わるかもしれませんが、現時点では静物画より安い買取価格となります。
10号ほどの大きさがあっても10万円以上の金額提示は難しいかもしれません。

鑑定について
笠井誠一は現存作家のため鑑定は必要ありません。現物を見て判断させていただきますが、場合によっては作家に確認するケースもあります。


絵画の買取について詳しくみる

笠井誠一の作品

PageTop