葛西四雄|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 葛西四雄

葛西四雄

1925年〜1990年 物故作家。
青森県生まれの洋画家。県立青森師範学校を中退後、1953年から1961年まで小学校助教諭をつとめる。この間に奈良岡正夫に師事し、1962年の第5回日展に「滞船」が初入選、翌年示現会会員となる。38歳まで地元青森で教職として働くが、東京に出る。
1969年から安井賞候補展へもしばしば出品する。1971年に改組第3回日展に「北の漁村」で特選を受け、翌年は日展無鑑査となる。1978年に第10回日展に「北の浜」で再度特選となり、1985年には日展会員に推挙される。新宿小田急で葛西四雄油絵展、奈良岡正夫らとの四人展を銀座松屋で開催するなど精力的に活動する。示現会理事をつとめ、日本美術家連盟会員でもあった。享年64歳。代表作は<北の海辺><岬><北の漁村>などがある。

絵画買取のポイント

葛西四雄といえば<北国の風景>ではないでしょうか。
洋画家・浮田克躬とイメージが似ているかと思いますが大きな違いがあります。浮田の作品も暗いトーンで風景を描いていますが、葛西四雄は北の漁村という冬の厳しい寒さを中心に描いている点です。38歳まで東北で活動していた影響が色濃く残っており、快適さを与えるだけの美術品とは違い何か考えさせられるきっかきとなる奥深い表現方法です。

高価買取のポイントは赤が使われている多さになります。漁村を描く油絵作品が多く背景の黒と対比してバランスよく赤色が配置されていると高額査定をしやすいです。
北国の海を題材に力強い写実の作風で知られている通り海の描き方も重要です。葛西四雄は北国の厳しさを白波で表現しています。快適なブルーではなく重厚で躍動感がある白で表現をしています。

買取相場
葛西四雄の買取相場を見ていきましょう。高価買取のポイントでも述べましたが赤い屋根と白波が描かれている漁村風景が最も評価は高いです。
具体的な金額を決定するには作品の大きさやコンディション等も含めて総合的に判断させていただきます。葛西四雄の現相場を考慮すると買取評価額は5万〜15万円前後となります。作品によっては15万円以上の買取価格を提示できる作品もありますのでお気軽にご相談ください。

買取の注意点
油絵は湿気等によりワレやカビがでる場合があります。葛西四雄の油絵は厚塗りの為、ワレなどのダメージが出やすい印象ですので、コンディションは査定額を決定するのに重要なポイントとなります。現在、所定鑑定機関はありませんので現物を見て判断させていただきます。


絵画の買取について詳しくみる

葛西四雄の作品

漁村

■漁村(油絵)
代表的なモチーフである漁村ですが赤い屋根が殆どありません。買取査定額は4万〜7万円前後となります。

雪景

■雪景(油絵)
赤い屋根がちらほらと見受けられます。買取査定額は5万〜8万円前後となります。

北の漁村

■北の漁村(油絵)
葛西四雄の代表的な構図です。買取査定額は8万〜12万円前後となります。

PageTop