香月泰男|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 香月泰男

香月泰男

1911年〜1974年 物故作家。
山口県生まれ。1936年に東京美術学校(後の東京藝術大学)を卒業し、藤島武二の指導を受けた。在学中に国画会に入選し、梅原龍三郎の知遇を得る。太平洋戦争を受け、兵として満州へ行く。敗戦後はシベリアのセーヤ地区のラーゲルに抑留され2年間の虜囚生活を送る。飢えと寒さに死んでいく戦友の老兵たちを眼のあたりにし、この実体験が後の制作活動に大きな影響を与える。帰国後は郷里へ戻る。戦争と敗戦、抑留の体験を1949年に「埋葬」から描き始めてその後約20年間にわたって作品を制作し、それらが“シベリア・シリーズ”と呼ばれている。1956年以降は、しばしば海外旅行を試み、ヨーロッパ諸国からアメリカ、南太平洋、ギリシヤ、スリランカなどに旅行する。

絵画買取のポイント

香月泰男の作風と買取金額について
香月泰男といえば、<シベリア>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。自らが体験した太平洋戦争とシベリア抑留をテーマにした一連の油彩画で<シベリア・シリーズ>と呼ばれ、洋画壇に確たる地位を築きました。
<シベリア・シリーズ>としてまとめられる油彩画57点の大部分は、60年代以降に描かれたものであり、戦後すぐは動物や身の回りの風景などを明るいタッチで描いていました。
50年代末には、後年の香月作品のトレードマークといえる、黒と黄土色を基調とした作風が確立され、現在でも高い評価を得ています。

高価買取のポイントは<黒と黄土色>でしょう。
油彩に関しては様々なモチーフを描いていますが、高額査定しやすいのは<黒と黄土色>を軸に構成された作品です。多くの作品がM規格のキャンバスを縦にして描かれています。油絵と版画の作品が多く残っていますので順に見ていきましょう。

@ 油絵
香月泰男の代表作はシベリア・シリーズですが、多くの作品は美術館へ収蔵されていますので市場には出回っていないです。花・動物・昆虫・風景など身の回りのものをモチーフにした作品は流通しています。6号未満の作品が多く、買取査定額は100万〜300万円前後となります。サイズや構図により300万円以上の査定額がつくこともあります。
香月泰男の油絵等の原画作品は<香月泰男鑑定登録会>が所定鑑定機関になりますが、鑑定書が無くても買取は可能となりますので、お気軽にご相談ください。

A パステル・デッサン
油絵と比べると鮮やかな色合いの作品が多いですが、高い評価を得ているのは暗いトーンで香月らしい作風です。作品の内容次第ですが、買取査定額は10万〜100万円となり、下絵のように簡単に描かれている作品は10万〜20万円の査定額となります。
パステル・デッサンに関しても鑑定書が必要です。

B 版画
版画に関しては<シベリア・シリーズ>がポイントです。1969年に制作された4枚の連作です。<雪・窓><運ぶ人><雪><避難民>で構成され今でも高い評価を得ています。それ以外の作品では<母子像>のシリーズが比較的人気があります。
それ以外の作品は買取査定額が数万円代となります。

まとめ
香月泰男の作品は市場への流通量が多いです。流通量の多さは人気作家の証です。
油絵・パステルに関しては図柄次第で評価額が大きく変わりますので、画像をお送りいただくLINEやメールでの査定がおススメです。
版画に関してはタイトルさえ分かれば作品を特定できますので、電話でも具体的な金額をお伝えしやすいです。
最終的には現物を確認する必要がありますので、無料出張査定のご利用もご検討下さい。査定費用は一切かかりませんので、お気軽にご相談ください。

絵画の買取について詳しくみる

香月泰男の作品

グランカナリヤ闘牛

■闘牛「グランカナリヤ」より(1974年)
スペインの諸島です。海外への写生旅行で着想を得た作品でしょうか。油絵の様なトーンの暗さはありません。買取金額は2万円です。

猫柳

■猫柳(1955〜56年)
最初に制作された版画作品です。買取金額は5万円です。

母子像

■母子像より#56(1971年)
母子像シリーズの一枚です。買取金額は10万〜15万円です。

しろさい

■しろさい「五月七日上野動物園にて」(1970年)
買取金額は1万円です。

パリの屋根

■パリの屋根(1971年)
買取金額は2万円です。

大雪山連峰

■大雪山連峰「北海道」より(1971年)
買取金額は1万5千円です。

芍薬U

■芍薬U(1969年)

運ぶ人「シベリア・シリーズ」より

■運ぶ人「シベリア・シリーズ」より(1969年)

薊

■薊(1969年)

PageTop