鬼頭鍋三郎|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 鬼頭鍋三郎

鬼頭鍋三郎

1899年〜1982年 物故作家。
愛知県生まれ。名古屋商業学校在学中から油絵に親しみ、一時明治銀行に勤めるがすぐに退職する。1923年に上京し第10回光風会展に初入選、この頃から岡田三郎助に師事する。1924年に第5回帝展に「騎兵調練図」が初入選、この頃から辻永に師事する。1927年第14回光風会展で光風会賞を受賞、1931年に光風会会員となる。1934年に第15回帝展に「手をかざす女」で特選し、1943年の第6回新文展の審査員を務める。1944年に陸軍美術展に「小休止」で陸軍大臣賞を受賞し、陸軍版画部派遣画家として南支に従軍する。戦後は1945年から名古屋市に居住し、光風会展、日展を中心に制作発表を行う。
1951年から始まる「バレリーナ」シリーズで飛躍の転機をつかみ、1963年に日本芸術院会員となる。1968年に愛知県立芸術大学教授となり、1973年の定年退職後は客員教授をつとめる。この間、1966年の第9回日展に「舞妓」を出品し、「舞子」シリーズを展開する。日展顧問、光風会名誉会員なども務める。享年82。

絵画買取のポイント

鬼頭鍋三郎といえば<バレリーナ>と<舞妓>を題材にした油絵作品ではないでしょうか。生涯具象画を一貫して描き続けました。その中で<バレリーナ>と<舞妓>が鬼頭鍋三郎の代表作となります。バレリーナは戦後直ぐに取り組み、舞妓は1965年頃から取り組み生涯のテーマとなりました。鬼頭が描く舞妓は正面を向かず、どこか遠くを見ているかのようです。大胆な筆使いで表情を詳しく描かず、奥ゆかしい舞妓との対比が表現されています。美しいものを美しく描きすぎないのが鬼頭鍋三郎の真骨頂でしょう。
モチーフごとの評価額を見ていきましょう。

@ 舞妓
鬼頭鍋三郎の集大成ともいえるモチーフです。買取査定額は10万〜30万円前後となります。

A バレリーナ
バレリーナの次に人気があるモチーフですが、作品の流通量が少ないため構図によっては舞妓以上の買取価格になる場合もあります。買取査定額は10万〜50万円前後となります。ただ戦後すぐに制作された作品が多い為コンディションには注意が必要です。

B その他
風景や花の構図がありますが、多くの作品は5万円以下の買取となります。鬼頭鍋三郎の油絵作品は代表的な構図かどうかで評価の8割は決定します。

買取の注意点
油絵は保存状態によりシミなどのダメージがでる場合があります。状態により評価が変わりますので、現物の確認後に最終的な判断をさせていただきます。
鬼頭鍋三郎の油絵は<鬼頭伊佐郎>が所定鑑定機関となりますが、鑑定書が無くても査定後にとれます。お気軽にお問合せください。


絵画の買取について詳しくみる

鬼頭鍋三郎の作品

舞妓

■舞妓(油絵)

舞妓

■舞妓(油絵)

舞妓

■舞妓(版画)
木版で摺られた連作の1枚です。買取査定額は数千円代となります。

PageTop