増田誠|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 増田誠

増田誠

1920年〜1989年 物故作家。
山梨県南都留郡生まれ。1938年に旧制都留中学を卒業した後、農業や看板業のかたわら絵を独学する。上野山清貢に出合う。中島由多禾、岩井弥一郎にも師事する。1952年に一線美術展に初入選し、翌年同展森永賞を受け会員に推され、1956年に一線美術奨励賞を受賞する。1957年に渡仏し、サロン・デ・アンデパンダン展に出品するなど数々の賞を受賞する。個展のほかフランスの団体展にも出品し、1963年にサロン・ドートンヌ会員、1965年にサロン・ナシォナール・デ・ボザール会員、1967年にサロン・デ・ザンデパンダン会員となった。フランスのほかロンドン、ニューヨークでも個展を開き、日本でも1976年に「在パリ20年の歩み展」(東京新宿・小田急百貨店)など展覧会が行なわれている。1989
年に郷里の都留市名誉市民となる。神奈川県横浜市で没する、享年68歳。

絵画買取のポイント

増田誠の作風について
増田誠といえば、<パリの街と人々>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。ダイナミックな筆づかいで、直線を多用しながら対象物を表現しています。パリの街角やパリに生活する人々を中心に描かれており、特に興味を持って描いたのが<老人>です。人物描写が独特で、老人を主題にしているときは上半身のみ描かれており、面長の顔を体のバランスより大きく設定しています。アニメのキャラクターのようデコラティブな表現様式に見受けられます。老人の表情は不機嫌に見え、人生に満足していないのかなと感じます。そんな老人の表情は鬱屈した現代社会との親和性があり、引き付けられる油絵作品です。

増田誠の買取について
高価買取のポイントは<老人>と<人物がいる風景>でしょう。どちらが高いかと聞かれると、甲乙つけがたいですが<老人>をモチーフにした作品かなと思います。増田誠のポイントは人物が描かれているかどうかで、老人が描かれるときは新聞紙を持っていたり、楽器を持っていたり、何かしらの物を持っていることが多いです。色合いと全体のバランスを見て評価させていただきます。

具体的な金額は作品のサイズや構図で上限額を決定した後、ダメージの程度により減額していく査定方法をとっております。所定鑑定機関はありませんので現物を見て判断させていただきます。お気軽にご相談ください。また、版画作品も制作されていますが、こちらに関しては非常に厳しい評価になります。


絵画の買取について詳しくみる

増田誠の作品

蚤の市

■蚤の市(油絵)
登場人物が多く、良質な作品です。

ノルマンディー

■ノルマンディー(油絵)

ムッシュ

■ムッシュ(油絵)
ダンディズムな面持ちです。

PageTop