宮本三郎|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 宮本三郎

宮本三郎

1905年〜1974年 物故作家。
日本の洋画家。石川県小松市生まれ。川端画学校で藤島武二に師事する。のち安井曾太郎に師事し、1927年から二科展に出品し、1936年には二科会会員となる。太平洋戦争中には陸軍報道班員として従軍し、「セレベスの落下傘部隊の激戦図」、「山下・パーシバル両司令官会見図」などの戦争画に卓抜した描写力を示し、戦後は二科会の役割は終わったとして同会を離れ、1947年に二紀会を創立し、理事長となる。創立メンバーには熊谷守一、田村孝之介らがいる。1958年には社団法人日本美術家連盟の初代理事長に就任、会館建設に尽力し、美術家の社会的権利の擁護のためにも活躍した。代表作は<婦女三容>などがある。享年69歳。

絵画買取のポイント

宮本三郎といえば<裸婦><海老><人形>をモチーフにした絵画作品ではないでしょうか。様々なモチーフで才能を発揮して、どれも高い認知度があります。その中でも宮本三郎の代表作は裸婦を描いた作品です。
東京都現代美術館に「兵士」というタイトルの戦争画が収蔵されています。非常にトーンが暗く、主題が重く、陰鬱な作品です。戦争に芸術性は不要なのでリアリスティックに描いた作品かと思いますが、宮本三郎とサインが無ければ分からなかったです。この時の反動で鮮やかな色合いへ変遷したかもしれません。

高価買取のポイントは<色>でしょう。赤を中心に数多くの色をつかい一つの作品を構成した作品は評価が高いです。モザイク画のように点でみると対象物を捉えにくいですが、キャンバス全体で見ると一つの作品として完成しています。激しく鮮やかな裸婦は高価買取しやすいです。作品の技法により評価が異なりますので順に見ていきましょう。

@ 油絵
代表的な裸婦の作品では、図柄やサイズにもよりますが数十万円〜200万円前後の買取となります。晩年の色鮮やかな作品ではないと厳しい評価になります。海老や静物は数十万円の前半になる事が多いです。制作年代によって表現様式が大きく異なります。
油絵などの原画作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますのでお気軽にお問合せください。

A パステル・デッサン
数万円代の厳しい評価額になる事が多いです。描き込みが少ない作品が多いのが要因で、油絵作品の下絵という扱いになります。

B 版画
舞妓の作品が多い印象です。版画に関しては数千円〜1万円前後での買取になることが多いです。

絵画の買取について詳しくみる

宮本三郎の作品

海老

■海老(油絵)
宮本三郎の油絵作品でよく見かける構図です。裸婦や人形に比べると、評価は下がります。買取査定額は15万〜25万円前後となります。

ばら

■ばら(パステル)
油絵作品を描く際の下絵でしょうか。買取査定額は数万円代となります。

舞妓十二題 御手前

■舞妓十二題 御手前(版画)
12枚1組の作品をばらしたものです。1点当たりの買取査定額は数千円〜1万円前後となります。

PageTop