宮永岳彦|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 宮永岳彦

宮永岳彦

1919年〜1987年 物故作家。
日本の洋画家。静岡県生まれ。1936年に名古屋市立工芸を卒業する。松坂屋に勤務しながら制作を続け、1941年より正宗得三郎に師事する。戦後は二紀会に参加し、1947年第1回展に「鏡」を出品して褒賞受賞。同年二紀会同人となる。1950年に日本宣伝美術協会の創立に参加する。1954年に第8回二紀展に「裸婦A」「裸婦B」を出品して同人努力賞受賞する。1957年に同会委員、1972年には理事に就任する。1974年に日伯文化協会の要請により「皇太子殿下、同妃殿下肖像」を描き、同年ブラジル国公認サンフランシスコ最高勲章グラン・クハース章を受章する。また同年第28回二紀展に「ROKUMEIKAN 煌」を出品して菊華賞を受賞する。1986年には二紀会理事長に就任する。代表作は<碧><鵬>などがある。享年68歳。

絵画買取のポイント

宮永岳彦の特徴について
宮永岳彦といえば<女性>をモチーフにした絵画作品ではないでしょうか。
宮永岳彦が描く女性は、自分に自信を持ち自立した強い女性像だと感じます。正面を見ている構図は多くなく、美しい横顔を私たちに見せてくれます。絢爛豪華という言葉がよく似合う作風で、方向性は異なりますが古来日本の金箔を使用した絵師たちと遜色がないほど華やかです。金箔のように素材自体に華やかさがあるものを使用せずに瀟洒な雰囲気を出せるのは作家の洞察力や表現力の賜物です。宮永岳彦のタイトルは漢字一文字で表していることが多いです。
バブル期前後に人気があった作家だったため、時代背景も追い風となって非常に高価な金額で販売されていました。その時の金額と比べると大幅に下がっているのが現状ですが、その中でも高価買取のポイントを紹介させていただきます。

宮永岳彦の買取について
ポイントとは<ステンドガラス>でしょう。宮永岳彦が制作した作品の多くは女性を題材にしており、市場では最も評価が高いといえます。その中で背景にステンドガラスが描かれているかが買取価格に影響します。

油絵作品は湿気等によりワレやカビなどのダメージが発生しやすいです。コンディションにより評価が変わりますので、現物の確認後に最終的な判断させていただきます。
宮永岳彦の作品は、油絵作家では珍しく共シールがあり、無いと若干査定に影響します。
油絵などの原画作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>で鑑定書を取得できますが、無くても買取は可能ですので、お気軽にご相談ください。


絵画の買取について詳しくみる

宮永岳彦の作品

煌

■煌(油絵)

女性

■女性(油絵)

女性

■女性(版画)

PageTop