元永定正|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 元永定正

元永定正

1922年〜2011年 物故作家
日本の洋画家。三重県生まれ。1938年に三重県上野商業学校を卒業して大阪の機械工具店に就職する。当時は漫画家を志す。日本国有鉄道に入社し関西各所で勤務したのち、1944年に上野に戻り地元の画家濱邊萬吉に師事する。1946年に濱邊が局長を務める上野愛宕町郵便局に就職したことをきっかけに、本格的に油彩画をはじめる。その後、退職して神戸市に移る。吉原治良らによる芦屋市美術協会主催の芦屋市展を知り作品を出品する。当時の芦屋市展には多くの抽象画が出品されており、大きく影響を受けて抽象画に転向する。具体美術協会に入会して活躍する。1958年ごろから日本画のたらし込みの技法にヒントをえて、画面上に絵具を流した絵画を制作する。1960年にミシェル・タピエの紹介でニューヨークのマーサ・ジャクソン画廊と一年契約を、翌年はトリノの国際美学研究センターと十年契約を結ぶ。1966年に渡米する。1970年代から絵本の制作にも携わる。1980年代以降も精力的に発表を続ける。国内外で開催された具体関連の展覧会に積極的に参加する。

絵画買取のポイント

元永定正は初期と晩年で大きく作風が異なります。年代によって作風が変わる事は一般的ですが、通常の作家は代表作が収斂されます。しかしながら、元永の場合は2つの作風双方が高い評価を得ています。厳密にいえば若干の差はありますが2つの代表作があると言っても過言ではありません。

代表作@
1958年ごろに辿り着いた「たらし込み」での表現方法です。画面上に絵の具を流して制作する方法で元永定正の代表的な構図です。ニューヨーク滞在中はうまく流れる絵具が手に入らなかったため、代わりにエアブラシやアクリル絵具を使っていたそうです。そこから着想を得て新たな作風を確立したそうです。明確な線引きは難しいですが70年より以前の作品に多い傾向です。

代表作A
2つ目の代表作は1980年代以降に制作されている事が多く、〇△□などの記号を使いながら構成された抽象作品です。こちらの構図は版画にもなっていて比較的美術愛好家には浸透していると思います。陶磁器でオブジェなども制作されています。

買取価格は?
代表作@の方が市場に出回る量が少ないので買取価格は高いです。作品の構図・サイズ・コンディションにより具体的な金額は異なりますが、キャンバスで数十万円〜500万円前後の買取査定額となります。100万円以上の金額がつく作品は少ないです。
油絵などの原画作品は「モトナガ資料研究室」の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後に手続きできますので、お気軽にご相談ください。


絵画の買取について詳しくみる

元永定正の作品

元永定正

■無題(版画)

元永定正

■無題(版画)

元永定正

■無題(版画)

PageTop