中川一政|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 中川一政

中川一政

1893年〜1991年 物故作家。
東京都生まれ。文学に関心をもつ一方、油絵を独学で学ぶ。岸田劉生主宰の草土社に参加する。1922年に小杉放庵・梅原龍三郎らと春陽会設立に参加する。油絵、水墨、版画、陶芸、詩作、和歌、随筆、書と多彩な作品を制作し、後世に残す。画家の育成にも力を入れる。1989年に真鶴町立中川一政美術館が開館する。1990年にフランスのパリ市立カルナバレ美術館にて現代日本絵画巨匠(奥村土牛・中川一政)二人展を開催する。1991年に永眠する。享年97歳11ケ月。

絵画買取のポイント

中川一政といえば<花>をモチーフにした作品ではないでしょうか。
薔薇を中心に、向日葵や椿など様々な花を描いてきました。ゴッホやセザンヌ作品に影響を受け、フォービズムのような荒々しいタッチが特徴的です。ダイナミックな筆使いに単純化されたモチーフ、そして暖色を中心とした感性豊かな色の出し方は唯一無二の存在でしょう。構図をシンプルにすることによって、対象物の魅力を凝縮させています。額縁も自身で作るこだわりがあり、既製品では味わえない荒々しさが、作品の魅力を格段に上げています。既製品の額縁でも問題ありませんが、作家手作りの額に入っている方が高評価しやすいです。
高価買取のポイントは、<薔薇>でしょう。中川一政は数多くの薔薇を残しました。その中でも力強い赤やオレンジが使われていると高額買取しやすいです。しかしながら、技法により評価は分かれますので順に説明します。

@ 油絵
キャンバスに油彩で描かれた作品が最も評価が高いです。ただ、モチーフにより大きな開きがあり代表作の<薔薇>ですと100〜200万円程の買取評価額になりますが、それ以外のモチーフですと100万円を切ることもあります。油絵は保存状態によりシミなどのダメージがでる場合があります。
油絵などの原画作品は所定鑑定機関である<東美鑑定評価機構鑑定委員会>の鑑定書が必要になります。査定後に鑑定はとれますので、お気軽にご相談ください。
A 岩絵の具方式
紙に岩彩で描かれている作品で、ほぼ日本画と思っていいただいて大丈夫です。油絵作品よりは評価が下がり、数十万円代の買取価格が殆どです。図柄や大きさにより10万円になるかもしれませんし、90万の値段が付くかもしれません。
B 版画
油絵の価格帯に比べると大きく評価が下がります。シルクスクリーン・リトグラフ・銅版画など様々な技法で作品を作っています。薔薇の構図が高価買取しやすいですが、基本的には数万円代の評価になることが多いです。版画に関してはシミや退色などのダメージが発生しやすいです。


絵画の買取について詳しくみる

中川一政の作品

椿

■椿(油絵)
中川一政らしい作品ですね。カノンと呼べる構図です。切り裂くようなタッチで躍動感を表しています。査定額は40万〜80万円前後になります。

マジョリカの壷

■マジョリカの壷(版画)
こちらの版画作品はエスタンプという種類になります。直筆サインではなく刷り込みサインなので若干評価が下がります。評価額は1〜3万円になります。

金魚

■金魚(版画)
デザイン性が高い愛着が持ちやすい作品です。直筆の作品ではなく版画作品なので、1〜2万円前後の査定額になります。

PageTop