野田弘志|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 野田弘志

野田弘志

1936年〜現在に至る。
日本の洋画家。韓国生まれ(本籍は広島)。1960年に白日展白日賞を受賞し、1998年には会員となる。1961年に東京藝術大学美術学部油画科を卒業する。1988年に野田弘志展—明晰なる神秘—を豊橋市美術博物館などで開催する。1991年に第14回安田火災東郷青児美術館大賞を受賞する。1994年に第12回宮本三郎記念賞を受賞する。2004年に広島市立大学芸術学部教授を退任する。2014年にドキュメンタリー映画『魂のリアリズム 画家 野田弘志』が上映される。現在は無所属。

絵画買取のポイント

野田弘志の作風について
野田弘志といえば<写実>で描いた絵画作品ではないでしょうか。写実画専門美術館であるホキ美術館に収蔵されている、写実画界の巨匠です。近年の写実ブームの火付け役ともいえる作家です。野田弘志が描く作品は背景の多くを黒・白・金で統一し、花などの対象物をより濃く引き立てています。具象絵画の他に抽象絵画が生まれて多様化する美術業界で一貫して写実で描き続けた作品の完成度と美しさに目を見張ります。

高価買取のポイントは<花>でしょう。静物画を中心に作品を世に送り出してきましたが、高価買取しやすいのは花の構図になります。特に薔薇や牡丹は人気が高く、背景の色によっても多少評価が変わります。野田弘志の作品は大きく分けて2種類です。油絵と版画になりますので順に現在の評価を見ていきましょう。

@ 油絵
キャンバスかパネルに油彩で描かれている作品です。上での述べたように静物画を軸に制作活動をしています。野田弘志の特徴は背景を明確に黒・白・金に分けていて、3種類の中では金の背景が高価買取しやすいです。
人気図柄の<花+金の背景>が評価しやすい構図です。それ以外の構図でも描き込み内容により、評価が変わります。背景は白よりも黒の方が評価されている印象です。

油絵作品は湿気等によるワレやカビ等のダメージが発生しやすいです。作品によっては数十年以上経過していますので、状態のチェックは必要です。コンディションにより評価が変わりますので、現物確認後に最終的な判断させていただきます。現存作家なので所定鑑定機関はありません。お気軽にご相談ください。

A 版画
野田弘志の版画は銅版画やリトグラフで制作されています。細かいと部分まで表現できる銅版画と写実作家との相性はよく良質な作品に仕上がっています。しかしながら、油絵に対応する版画の立ち位置からすると買取査定額は厳しくなります。



絵画の買取について詳しくみる

野田弘志の作品

辛巳

■辛巳(版画)

化石のある静物

■化石のある静物(版画)

目の追憶

■目の追憶(版画)

PageTop