野間仁根|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 野間仁根

野間仁根

1901年〜1979年 物故作家。
愛媛県生まれ。1914年に今治中学校に入学し、1919年に母と共に上京する。翌年川端学校に入る。1925年に東京美術学校西洋画科卒業する。在学中の1922年に久遠社、翌年伊東廉らと童顔社を結社する。1924年には第11回二科展に「静物」が初入選する。1930年に二科会・会友、1933年に二科会・会員に推挙される。また、佐藤春夫作『むさしの少女』の挿絵を描いたのをはじめ、坪田譲治作『風の中の子供』、井伏鱒二作『花の街』などの新聞連載小説の挿絵にも戦後まで腕をふう。1938年から翌年にかけて臨時召集され中国で兵役につく。戦後も二科に出品を続けたが、1955年に鈴木信太郎らと同会を退会し、同志らと一陽会を結成し、以後同会の主要作家として没年まで制作発表を続ける。
代表作に<八ヶ岳><夜のこと>などがある。

絵画買取のポイント

野間仁根といえば、<薔薇>や<瀬戸内海の風景>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。原色で構成されている作品が多く、直視すると眩しいと感じるくらい鮮やかです。ゴッホの様な無骨なタッチも特徴的です。地元にゆかりがある瀬戸内海を描いた作品も多く制作され、代表作である薔薇と人気を二分します。

高価買取のポイントは<+αの書き込み>でしょう。
代表的な作品は<薔薇>と<瀬戸内海の風景>になりますが、鮮やかな原色が使われている方が評価は高いです。更に評価が上がるポイントをお伝えします。
まず薔薇は花瓶と一緒に描かれていることが多く、花瓶に顔などの模様が描かれていると更に評価が上がります。メイン部分だけではなく細かいところも描かれているかを見ています。
また、瀬戸内海の風景は船が何隻か描かれていると良いとされています。少し細かい見方になりますが、以前は<1隻いくら>みたいな話もありました。
上に挙げた代表作の中でもクオリティが高いと、30万〜60万円前後の買取価格になります。人気図柄でも描き込みが弱いと、10万〜20万円前後の買取価格もありえます。図柄だけではなく完成度も重要になってきます。

買取の注意点
油絵は湿気等によりワレやカビがでる事があります。野間仁根の油彩は時代が古い作品が多いので、ダメージがでている印象が多いです。コンディションにより評価が変わりますので、現物の確認後に最終的な判断をさせていただきます。
野間仁根の油絵作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>が所定鑑定機関になりますが、鑑定書が無くても査定は可能です。お気軽にご相談ください。


絵画の買取について詳しくみる

野間仁根の作品

瀬戸内海

■瀬戸内海(油絵)
4号サイズでした。25万円〜35万円前後の買取価格となります。

瀬戸内海

■瀬戸内海(油絵)
描き込みもあり、良い作品です。野間仁根の代表作の1つです。買取査定額は20万〜60万円前後となります。

薔薇

■薔薇(油絵)
野間仁根の代表作の1つです。背景が赤だと更に良いですが、買取査定額は20万〜40万円前後となります。

PageTop