小山田二郎|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 小山田二郎

小山田二郎

1914年〜1991年 物故作家。
中国安東県生まれ。父の出張先で生まれた小山田二郎は生後間もなく両親から離れて祖父母の住む日本に引き取られ東京で暮らし始める。2歳の時スタージー・ウェーバー症候群を発症し、手術を受けるが完治する事はなかった。1927年に13歳で母の実家である栃木県尾大田原市に転校したが、顔のコンプレックスにより引きこもる。その後、日本画家・小堀鞆音のもとで絵を学び、画家への道を志すが父の反対を受ける。1934年に帝国美術専門学校(現在の武蔵野美術大学)に入学するも父の意向で図案科での入学であった。翌年に父親に黙って西洋画科へ転入するが、すぐに発覚してしまい仕送りを停止され中退する。太平洋戦争中に一時筆を置くが1944年に大日本印刷に入社する。1947年に自由美術家協会に入会する。1952年に瀧口修造の推薦を受けてタケミヤ画廊で初めての個展を開催する。1952年に結婚して高円寺に暮らす。1959年に協会の方針に疑問を感じて退会し、作品発表の場を画廊に移す。1971年に家族を置いて愛人と失踪する。失踪後の活動は特定の画廊でのみ行ったが、徐々に世間との関りが薄くなる。1991年に逝去する。

絵画買取のポイント

小山田二郎といえば様々なモチーフをシュルレアリスム的な表現様式で作品を残しました。キャンバスに油絵作品をメインに制作していましたが、油絵よりも乾きやすい水彩画の性質とマッチして水彩作品も多く残しました。油絵をメインにしている作家は水彩作品を本番の下絵やメモのような扱いでしたが、小山田二郎の作品は水彩画でも非常にこだわった作品が多いです。市場価値は水彩作品よりも油絵作品の方が高い評価を得ていますが、作品のクオリティは同レベルだと感じています。

シュルレアリスム的な表現の原点は戦争ではないでしょうか。小山田二郎は終戦後日本の変わりように矛盾を感じその思いをぶつけるかのような作品を描いていたそうです。多種多様なモチーフを描いておりましたので代表的な構図というのがありません。なので、作品技法でおおよその相場観をお伝えします。

@ 油絵
キャンバスに油彩描かれた作品です。作品の大きさ、モチーフ、コンディションにより具体的な価格は変動しますが10万〜30万円前後の買取査定額が多いです。

A 水彩
紙に水彩で描かれた作品です。作品のクオリティは油絵に劣らないのですが市場価格は低いです。基本的に5万円以下の買取がほとんどです。

鑑定について
小山田二郎の鑑定書は<日本洋画商協同組合>で取得できます。市場に流通している作品の多くは鑑定書を取得していないため、真贋の点で不安な作品のみ鑑定に出しています。そのため鑑定書が無くても問題ありませんので、お気軽にご相談ください。


絵画の買取について詳しくみる

小山田二郎の作品

PageTop