清水悦男|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 清水悦男

清水悦男

1953年〜現在に至る。
長野県生まれ。1979年に多摩美術大学油画科卒業し、同大学大学院に入学する。神奈川県美術展に出品する。1980年に独立美術展に出品する。1981年に多摩美術大学大学院を修了する。1983年に飯田画廊にて個展を開催し、以後も定期的に開く。1986年に日本橋三越にて個展をする。1992年に東京セントラル美術館油絵大賞展に招待出品する。1993年に飯田美術にて個展、1996年に名古屋日動画廊にて個展を開催する。1997年に「オール讀物」表紙絵を描く。1998年に福岡・名古屋日動画廊にて個展を開催する。1999年に日本橋三越にて個展を開催する。2001年に池袋西武にて個展を開催する。直近では2019年に日本橋三越で個展を開催する。テーマは夢・やがて薫りたつ淡き光。

絵画買取のポイント

清水悦男の作風について
清水悦男といえば、<静物>や<少女>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。
日本を代表する写実画家の1人です。写実画家とは、被写体を写真で撮ったような精密な美術作品をいいます。写実作品を制作するには卓越したデッサン力と色彩感覚が重要です。伝統工芸の様な技術力の高さをもった職人作家のようなイメージではないでしょうか。写実作家は近年人気が高い表現様式です。写実絵画に限定してコレクションしているホキ美術館が人気の後押しをしました。
清水悦男の作品は風景や静物画も素敵ですが、少女をモチーフにした作品が最も人気があります。少女が浴衣を着ている作品が多く、夏祭りの楽しい情景が思い浮かびます。顔の表情から感情が透き通って見えるくらい精密に描かれ、表現だけではなく技術力にも驚かされます。代表的なモチーフの<女性>や<少女>が高価買取しやすく、作品の種類により評価額が変わりますので順に見ていきましょう。

@ 油絵
キャンバスに油絵で描いた作品です。清水悦男の作品の中では最も高額です。その中でも図柄により評価が分かれます。最も高いのは女性や少女を描いた作品です。
他には静物画や風景画も描いていますが女性図よりも厳しい買取金額になる事が多い印象です。ワレや縮みなどのダメージが出ていますと、その分評価は下がりますので注意が必要です。

A パステル・デッサン、版画
油絵作品と比べると評価は下がります。絵画のクオリティなどを考慮すると油絵には劣ってしまうのが現実です。紙に表現されている作品はシミ等のダメージが出やすいです。


絵画の買取について詳しくみる

清水悦男の作品

少女

■少女(油絵)
艶やかな髪が美しいです。買取査定額は15万〜20万円前後となります。

群青

■群青(油絵)
美しい和装が印象的です。買取査定額は20万〜25万円前後となります。

静物

■静物(油絵)
圧倒的な技術力で描かれた静物画も美しいです。買取査定額は10万〜15万円前後となります。

PageTop