鈴木マサハル|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 鈴木マサハル

鈴木マサハル

1945年〜現在に至る。
神奈川県横浜市生まれ。1964年に武蔵野美術大学入学する。1966年に第一美術展奨励賞、神奈川県展最高賞を受賞する。1971年に第一美術展一路賞を受賞する。1977年にフランスへ留学し、パリ美術学校で学ぶ。サロン・ドートンヌ展、デ・ボザール展、ル・サロン展へ出品以後、各地で個展をする。以後、全国の有名百貨店等で多数開催する。

絵画買取のポイント

鈴木マサハルの作風について
鈴木マサハルといえば、<色鮮やかな原色>を使用した絵画作品ではないでしょうか。作家には必ず代表作が存在します。代表作は人物や風景のモチーフだとしても、細かく突き詰めれば子供の女性や横浜の風景まで分けることができます。表現方法で差異を作っている作家も多いです。原画や版画でも油絵・アクリル・シルクスクリーン・銅版画などの種類があり、マチエールや色使いで自身の色を出している人もいます。
鈴木マサハルは一度見たら忘れない色鮮やかな原色と重厚なマチエールが特徴的な作家です。重厚なマチエールは油絵の具をふんだんに使用した表面がゴツゴツとしている厚塗りの作品を指しますが、日本人作家でも多用している作家は多いです。しかしながら、原色のまま自由に描いている油絵作家は鈴木マサハルくらいではないでしょうか。
鈴木マサハルはパリで4年間人物デッサンを勉強しましたが、そこで風景が好きと気づいたそうです。ペインティングナイフを駆使して肉厚なマチエールを表現し、色使いに関しては、セーヌとかニースはブルー系の色を多く使い、イタリアは赤で活力が溢れるようにしたいという気持ちが込められているそうです。重厚なマチエールと赤色の愛称は抜群で、良くも悪くも主役級のパワーが出てしまいますので、飾る場所には注意が必要かもしれません。それぐらいの力がある作品だと思っています。

鈴木マサハルの買取について
高価買取のポイントは上で述べた通り、肉厚で原色がたくさん使われている作品です。静物画なども描いていますが、風景作品の方が高価買取しやすい印象です。また、風景画に関しては画面からはみ出してしまうような太陽が描かれていると良いとされています。

買取の注意点
油絵作品は湿気等によるワレやカビがでる場合があります。
作品コンディションの程度により評価が変わりますので、現物の確認後に最終的な判断をさせていただきます。
絵の具をたくさん使う作風なので、ワレのダメージが出やすいです。
現存作家なので所定鑑定機関はありません。


絵画の買取について詳しくみる

鈴木マサハルの作品

作品名

■フィレンツェ(油絵)
原色で構成された鈴木マサハルらしい作品です。

作品名

■ベニス(油絵)
爽やかを表現したベニスの風景です。淡色ながら重厚感あるマチエールが印象的です。

作品名

■ひまわり(油絵)
ゴッホを彷彿とさせるエネルギッシュな作品です。

PageTop