鶴岡義雄|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 鶴岡義雄

鶴岡義雄

1917年〜2007年 物故作家。
茨城県土浦市生まれ。両親が芝居小屋などを経営してきた芸能一家に育つ。旧制茨城県立土浦中学校の在学時に同校の先輩にあたる熊岡美彦の講習会に参加して画家を志すようになす。1937年に日本美術学校(現在の日本美術専門学校)に進学し、林武に師事する。同時期に織田広喜、鷹山宇一らと知り合う。1941年の同校卒業と同時に第28回二科展に「台湾蛮女」を出品し初入選を果たす。1944年に関東軍としてハルピンに赴任し、帰国後まもなく土浦で終戦を迎える。1946年に服部正一郎を中心に二科会茨城支部を結成し、創立会員として参加する。
1973年にパリにアトリエを構えマドモアゼルのシリーズに取り組む。1974年頃から舞妓の作品も描くようになる。2002年に二科会理事長となり、2006年に同会名誉理事に就任する。1996年には地元茨城県のつくば美術館で「画業60年鶴岡義雄の世界展」が開かれる。

絵画買取のポイント

鶴岡義雄といえば、<女性>を描いた画家と言えるでしょう。
戦時中は風景や人物の写実作品を中心に描いてきましたが、50年代半ばからシュルレアリスムやキュビスム風の描写を取り組んでいました。その後、パリへ渡り美を最大の価値とする耽美(たんび)様式が確立され、鶴岡の代表作が生まれました。
大きく分けて2つの女性像を描いています。まずは「マドモアゼル」のシリーズが生まれ、その直後に「舞妓」のシリーズが生まれました。気になる油絵作品の買取価格と特徴を見ていきましょう。

まず1つ目は<マドモアゼル>です。
マドモアゼルはタイトルに付けられている事が多く、耽美主義の名のもと海外の女性を華やかに描いています。その女性は普段着ではなく、ドレスアップされ様々な装飾物を身に着けています。買取査定額は5万〜20万円前後となります。

2つ目は<舞妓>です。
日本画家が描く古典的な舞妓ではなく、西洋画を学んだ鶴岡だから描ける作品に仕上がっています。舞妓さんが鼓を奏でている構図が多く、買取査定額は5万〜25万円前後となります。

両図柄に共通する点ですが、サイズ・描き込み具合・コンディションにより評価が変わります。特に古い作家のためコンディションには注意が必要です。
所定鑑定機関は「鶴岡義雄鑑定委員会」となりますが、鑑定書は無くても買取できます。お気軽にご相談ください。
油絵以外に版画(リトグラフ)も制作していますが、現在は需要の低下により殆ど金額が付きません。数千円代の買取査定額となります。



絵画の買取について詳しくみる

鶴岡義雄の作品

鼓

■鼓(油絵)
代表作の舞妓を描いた作品です。サイズはそこまで大きくないですが買取査定額は10万〜15万円前後となります。

マドモアゼル

■マドモアゼル(油絵)
耽美様式で描かれた華やかな女性図です。買取査定額は5万〜15万円前後となります。

早春賊

■早春賊(版画)
十分な描き込みがありますが、版画作品は厳しい評価です。買取査定額は数千円代となります。

PageTop