梅原龍三郎|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 梅原龍三郎

梅原龍三郎

1888年〜1986年 物故作家。
京都市下京区生まれ。洋画家を志し浅井忠の聖護院洋画研究所に学ぶ。1908年にフランスに渡りアカデミー・ジュリアンに入学する。ルノワールに傾倒し師事し、セザンヌ・ピカソ・ドガらとも交友があった。1913年に帰国し、翌年に二科会の創立に参加した。
1926年に国画創作協会に加わり洋画部を創設する。明快な色彩と日本画家の伝統的な技法を学び独自の画境を築く。安井曾太郎と並び、梅原・安井時代と称された。
1952年に文化勲章を受章する。日本画と洋画の境界を越えて、日本の洋画を完成させたといわれる。
また、ルノワール、ピカソ、ドガ、マティス、ルオーなど著名な作家の作品から、古代ギリシャ彫刻、大津絵など一流のコレクターでもあった。
代表作に<紫禁城><北京秋天>などがある。

絵画買取のポイント

梅原龍三郎といえば、<花><裸婦><山><北京風景>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。問答無用で日本洋画画壇の巨匠です。ワーグマンと高橋由一から始まった日本の洋画を完成させたのはこの人でしょう。西洋で生まれた油絵を模倣し追いかける立場から日本人独特の感性を融合させました。梅原が描く作品は師匠であるルノワールの影響を色濃く受けていますが、模倣するだけではないことは作品を見れば一目瞭然です。模倣しただけでも歴史に名は刻まれるかもしれませんが、市場評価はここまで伸びなかったでしょう。梅原龍三郎という新たな作風を生み出したからです。

高価買取のポイントは<薔薇>でしょう。燃えるような薔薇は梅原龍三郎の代名詞ではないでしょうか。他の構図でも人気はありますが、代表作は薔薇です。作品によって共板がついているものもあり、評価に影響します。
作品の技法によって評価は変わります。順に見ていきましょう。

@ 原画(油絵・日本画)
梅原が描く本画は油絵と日本画があります。キャンバスに油絵の具で描いた作品とパネルなどに顔彩等で描いた作品に大別されます。買取価格だけで判断すると油絵作品の方が高い印象です。それを踏まえて買取価格を紹介させていただきます。
最も高いのは油絵の薔薇です。300万〜1000万円前後となりますが、サイズや来歴等によってはそれ以上の可能性はあります。日本画になりますと若干評価が落ちる印象です。他の構図(裸婦・風景・静物)などは描き込みやサイズによって大幅に変わりますが、50万〜300万円の間が多いです。当然ですが、ワレやカビ等のコンディションも評価額に影響します。
現在の所定鑑定機関は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>になりますが、鑑定書が無くても査定は可能となりますので、お気軽にご相談ください。

A 原画(パステル・水彩)
有名作家の宿命ですが、本来は作家自身が世に出す予定が無い作品も商品として売られます。そういった作品は、バブル期と比べると価格帯が落ち着いていますので購入価格と大きな開きが出やすいです。具体的な金額は100万円以下がほとんどで、20〜30万円前後で買取する作品が多いです。

B 版画
版画に関しても薔薇が最も高く、5万〜10万円前後となります。裸婦の構図ですと1万円前後になります。

絵画の買取について詳しくみる

梅原龍三郎の作品

カーネーション

■カーネーション(版画)
梅原らしい大胆なタッチが特徴の版画作品です。買取査定額は3万円以下となります。

バラ

■バラ(版画)
落ち着いたトーンですが、代表作のバラを描いた作品です。買取査定額は3万円以下となります。

裸婦

■裸婦(版画)
裸婦を描いた版画作品です。シンプルな構図で買取査定額は1万円前後となります。

PageTop