山口長男|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

山口長男の油絵・水彩・パステル・水墨の買取価格とポイント

山口長男

1902年〜1983年 物故作家。
韓国生まれ。1921年に19歳で日本に来るまでを韓国で過ごす。1927年に東京藝術大学を卒業し、同年フランスへ渡る。ピカソやブラックに影響を受け、佐伯祐三らと交流する。彫刻家のオシップ・ザッキンのアトリエにも出入りし、立体的な造形をも習得に努める。1931年に帰国し、二科展等に出品する。1954年にアメリカ抽象美術展に出品する。1955年にサンパウロ・ビエンナーレ、1956年にヴェネツィア・ビエンナーレに日本代表として出品する。1960年にワシントンのグレスギャラリーでの『日本人6人展』に岡田謙三、桂ユキ子、川端実、小野里利信(オノサトトシノブ)、草間彌生らと共に出品する。1982年に三雲祥之助の後任として3代目の武蔵野美術学園学園長に就任する。東京都小平市で逝去する。享年80歳。国内の主要美術館の他にグッゲンハイム美術館やニューヨーク近代美術館などに収蔵される。

買取ポイント

山口長男の作風

山口長男といえば、<抽象>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。個人的にはフランス芸術が主流であった時代よりも、クレメント・グリーンバーグが提唱した抽象表現主義全盛期のアメリカでの活動が山口長男に大きな影響を与えたのではないかと感じます。
典型的な作品は、黒系の地に黄土色または赤茶色系の大きな色面を配したものです。デザインや色を極力抑え、マチエールで質感を表現しています。抽象画の一つのゴールと言える作風ではないでしょうか。額縁が無ければ作品が無限に広がり空間を飲み込んでしまうかのような深さを感じ、50年以上前に制作されたとは思えない斬新さがあります。
普遍的な価値は将来にわたって斬新さを持ち続けるのだろうと感じました。色合いは違いますが、フランツ・クラインを想像させる作風です。

山口長男の現在の評価と価値

高価買取のポイントは<色合い>でしょう。風景画のような具象作品も残っていますが、代表作と比べると査定価格に大きな開きがでます。抽象的な表現方法が最も買取金額が高く、色合いにより評価が異なります。特に赤や黄で構成されている作品が高価買取しやすいです。また、制作年代は60年代から晩年にかけての作品が良いとされています。
また、油絵では珍しいですが共シールが付いていることが多い印象です。技法により買取価格が異なりますので、順に見ていきましょう。

@ 油絵
油絵作品は高い人気があり高額です。山口長男を代表とする抽象的な作品は人気が高いです。山口長男らしい代表的な抽象画は100万円以上の買取が多いですが、具象作品は厳しい査定額になるかもしれません。抽象作品は表にサインはありません。

A 水彩・パステル・水墨
紙に描かれており、画像のように非常にシンプルな表現方法です。油絵作品に比べて多くの作品を残していますが、基本的には数万円台の買取で、黒一色よりは色付き方が高いです。サインはスタンプです。

山口長男の鑑定について

山口長男の油絵作品は<山口長男作品登録会>が所定鑑定機関になりますが、鑑定書が無くても査定は可能のため、お気軽にご相談ください。また、洋画家には珍しく、共シールが付いている作品が多いです。共シールが付いている一部の作品では鑑定を取得しないケースもありますが、現物を見て判断させていただければと思います。

絵画・油絵作品は湿気等によるワレなどのダメージがでる場合があります。過去に数点取り扱いましたが、山口長男の油絵作品は絵の具のワレが発生していることが多い印象です。コンディションにより評価が変わるため、現物確認後に最終的な判断させていただきます。

絵画の買取について詳しくみる

山口長男の作品

  • 作品名

    ■無題(油絵)
    十分なサイズ感でかなりの迫力でした。マチエールも豊かで山口長男の魅力が詰まっている作品です。
  • 作品名

    ■無題(油絵)
    小さいサイズでしたが日本抽象画界の巨匠という名にふさわしい作品です。
  • 作品名

    ■無題(水彩)
    油絵作品と比べると大幅に金額は下がります。

PageTop