モーリス・ユトリロ|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

モーリス・ユトリロ

ユトリロ

1883〜1955 物故作家。
パリ・モンマルトルにて、スザンヌ・ヴァラドンの私生児として生まれる。私生児だったユトリロをスペイン美術評論家ミゲル・ユトリロが認知し、以後モーリス・ユトリロと名乗る。1896年にパリのロラン中学校に入学するが、10歳ごろより飲酒を覚える。
1900年にアルコール中毒により入院し、医者のすすめと母の説得から絵を描き始める。1909年頃からパリの街角や路地裏などを描き続け、「白い時代」と呼ばれる作風を確立させる。サロン・ドートンヌに出品する。1928年にレジオン・ドヌール勲章シュバリエ章を授与される。1935年にコレクターの未亡人リュシー・ヴァロールと結婚し、絵葉書をもとにパリの風景を描きつづける。1937年にポール・ペトリデスと契約を結び、作品を独占する。1955年に南フランスのタックスで死去し、モンマルトルに埋葬される。

買取ポイント

モーリス・ユトリロの作風

エコール・ド・パリを代表する作家のひとりとして有名で、日本国内でも多くのファンを持つ作家です。白を基調とした素朴な風景画で人気を博し、作品からは清らかで落ち着いた感想を抱く方が多いのではないでしょうか。しかしながら、ユトリロの人生は決して穏やかで輝かしいものだけではありませんでした。
母スザンヌ・ヴァラドンはアートモデルでもあり画家でした。モデルとしてルノワールの名作にも登場する恋多き女性として知られ、徐々に母はユトリロに見向きもせず自分の事に精一杯となりました。そんな心の隙間を埋めたのが酒であり、生涯付きまとう苦労の原因でもありました。ユトリロはアルコール依存症となり、18歳という若さで精神病院に入る事になりました。しかし、人生とは不思議なモノで治療の一環として行われた『絵を描く』という行為が画家・ユトリロを生み出しました。白の時代と呼ばれる全盛期(1914年頃)を迎え、後に色彩の時代を迎えました。結果的に画家として大成しましたが、亡くなる直前まで精神疾患と闘い、順風満帆の画家人生とは言えなかったかもしれません。

モーリス・ユトリロの現在の評価と価値

没後半世紀以上が経過した現在でも需要がある作家のひとりです。バブル期に多くのユトリロ作品が日本に流れ、バブル崩壊を乗り越えた現在も多く残っている印象です。当時の経済状況や美術品への考え方を考慮すると、今と比べるとかなり高価格帯で売買されていました。その当時と比べると落ち着き、安定した相場になっている印象です。

作品の技法により大まかな買取金額をご紹介させていただきます。
油絵作品は数百万円台から1000万円以上で、版画作品は数万円台から10万円以上と様々です。油絵作品に関しては白の時代や色彩の時代に描かれた作品が良いとされ、最終的な金額は書き込みやサイズ等により決定します。ご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

ユトリロの鑑定について

海外の鑑定窓口は変更される事が多いため、買取時に具体的なお話をさせていただきます。海外に鑑定機関がある場合は結果が出る期間が読みづらいため、場合によっては時間がかかるケースもあります。過去に依頼してから1年ほどかかったケースもあります。過去類を見ないほど長かったため、かなりイレギュラーですが、3〜6カ月程度かかる事は良くあります。将来的にご売却をご検討の際は、早めに動いた方が良いかもしれません。

絵画の買取について詳しくみる

買取ポイント

「バスティーユの洗濯屋-幻の村より」 1950年 リトグラフ

■バスティーユの洗濯屋「幻の村」より(1950年)

サン=ジャック塔「パリ・キャピタル」より リトグラフ 1955年

■サン=ジャック塔「パリ・キャピタル」より (1955年)

スタンの教会 エスタンプ

■スタンの教会(エスタンプ)

PageTop