木村圭吾|日本画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

日本画作家 木村圭吾

木村圭吾

1944年〜現在に至る。
京都府生まれ。中学時代から画家を志し、1963年に京都市立日吉ヶ丘高等学校日本画科卒業(旧京都市立美術工芸学校)し、日本画家・山口華楊に師事する。
1974年にシェル美術賞展佳作賞を受賞する。1985年に第8回山種美術館賞展に招待出品する。1997年に「鐘韻燦花一遥かなる旅路一」の画集を出版する。1999年にNHK大河ドラマ「元禄繚乱」の装画を担当する。2001年に法樂寺の障壁画が完成する。2002年に薬師寺へ散華を奉納する。2003年に「木村圭吾さくら美術館」(静岡県長泉町)が開館する。2006年にフランス・カンヌ市と静岡市姉妹都市15周年記念特別展として「天と地 日本画家木村圭吾の世界展千年桜と聖龍」を開催する。2007年 シルク・ドゥ・ソレイユ「ドラリオン」スペシャルサポーターとして参加する。この時に「東洋と西洋の融合」というテーマに興味を覚え、獅子を描く。2018年に「美の宇宙(アートのコスモス)」木村圭吾画業50周年記念展を平野美術館で開催する。その他にも、有名百貨店等で個展を開催する。

買取ポイント

木村圭吾の買取金額について
木村圭吾といえば、<風景>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。
日本各地の風景を描き、日本画が持つ柔らかさや安心感を表現しています。技術を研鑽し、対象物を画面上に落とし込む力量が作品のクオリティに反映されて日本画壇でも評価されている理由が分かります。日本の伝統的な桜や富士などのモチーフと<龍>や<獅子>などの空想上の生物と合わせて描いた作品も迫力があります。

高価買取のポイントは<桜>でしょう。
現在、赤富士や龍などのモチーフも評価されていますが市場で人気がある図柄は<桜>です。桜を代表する作家に中島千波もいますが、木村圭吾も桜の作家と呼んでも良いのではないでしょうか。木村圭吾の桜は月と相性が良く、妖艶な月の光を浴びた艶やかな桜が魅力的です。
木村圭吾を連想させないモチーフだと落ち着いた査定額となります。構図によって金額のメリハリが出る作家です。

買取の注意点
日本画は保存状態によりシミなどのダメージがでる場合があります。状態により評価が変わりますので、現物の確認後に最終的な判断をさせていただきます。
日本画は共シールの有無も買取価格に影響し、現存作家ですので所定鑑定機関はありません。お気軽にお問合せください。


日本画の買取について詳しくみる

木村圭吾の作品

春の宵

■春の宵(版画)
木村圭吾の代表的な構図です。こちらはリトグラフで制作されており、買取査定額は1万円前後となります。

古都春想

■古都春想(版画)
リトグラフで制作された作品で細かい部分まで表現されています。買取査定額は1万円前後となります。

華厳秋瀧

■華厳秋瀧(版画)
マイナスイオンを感じるダイナミックな構図です。買取査定額は1万円前後となります。

PageTop