村上裕二|日本画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

日本画作家 村上裕二

村上裕二

1964年〜現在に至る
東京都に生まれる。兄は現代アーティスト・村上隆氏。
1987年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業する。1997年、1999年と2度にわたって日本美術院展日本美術院賞の大観賞を受賞する。2008年に突如活動を停止し、山門で修業する。その後再び絵筆を取り、ウルトラマン、仮面ライダーを描く。それは「リアルなもの、好きなもの、描きたいと心から欲するもの」を描くという画家の信条からの創作であった。現在も意欲的に創作活動中である。

買取ポイント

村上裕二の作風について
日本画の歴史は未だ100年と少しで古くはありません。しかしながら、その過程で様々な変化が起こりました。時代背景や当時の思想による化学変化によって表現方法のあり方が多様に変化していました。
鎖国と同時期に輸入された洋画と区別するために始まった「日本画」の歴史は、横山大観や東山魁夷の出現により新たな表現様式を確立していきました。

前置きが長くなりましたが、日本画界において村上裕二も変化をもたらす作家のひとりではないでしょうか。
様々な表現方法を追い求め、現在は仮面ライダーやウルトラマンなどといった日本が誇るアニメ文化をオマージュした作品が印象的です。美術史の中での評価は後世が判断を委ねる必要がありますが、時代に足跡を残した作家になるのではないでしょうか。

村上裕二の買取金額について
村上裕二の最も評価が高いのは日本画作品です。ただ、二次流通に出回っている作品は少ないため、安定した相場とは言えません。直近の市場動向により判断させていただきます。

版画作品は日本画と比べると落ち着いた価格です。

作品の種類(日本画や版画)・サイズをお教えいただき、作品画像をお送りいただければ具体的な査定金額をご提案できます。無料の出張査定も行っているため、お気軽にご相談ください。

日本画の買取について詳しくみる

村上裕二の作品

PageTop