中村宗弘|日本画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

中村宗弘の日本画の買取価格とポイント

中村宗弘

1950年〜現在に至る。
神奈川県逗子生まれ。祖父・中村岳陵に師事する。1968年に第3回日春展で日春賞を受賞する。同年、第11回新日展の特選・白寿賞を受賞する。1971年児玉希望の推挙により、東山魁夷に師事する。1973年に慶應義塾大学文学部東洋史学科を卒業する。1975年に日展会友に推挙される。1988年にシカゴ日米協会にて講演する。1989年にワシントン・スミソニアンにて講演する。1990年にパリ広報文化センターにて講演する。1995年に阪神大震災チャリティー絵画展を主催する。1997年に松坂屋山形店で「詩・季・彩」展を開催する。1998年に大丸福岡天神店にて個展を開催する。2000年に近鉄百貨店にて画業35周年記念の個展開催を開催する。以後、全国の有名百貨店で展覧会を開催する。

買取ポイント

中村宗弘の作風

中村宗弘といえば、<日本の四季>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。中村宗弘は日本の四季をテーマにしている作品が多く、地域や場所よりも季節そのものを描いている印象です。冬の白川郷、夏の奥入瀬、春の富士など、日本画の作品は季節+場所のようなタイトル付けをする方が多いですが、中村宗弘は題名に地域名を入れる事が少なく作家の拘りが強く反映されていると思います。地域名があると鑑賞者それぞれの思い出やイメージによって見え方が変わるため、そのような先入観を与えたくないからではないかと感じます。
また季節自体も私たちが想像するような色味ではなく、一般的なイメージと異なる色で表現されているため色彩感覚に驚かされます。精密な筆遣いと類いまれなる色彩感覚があるからこそ出きる匠の技だと思います。

中村宗弘の現在の評価と価値

現存作家のため問い合わせのタイミングにより若干評価が変わるかもしれません。基本的に問い合わせ時点での市場評価をもとに、買取金額はご提案させていただきます。

基本的に風景を描いた作品が多く、四季折々の景色を落ち着いた色合いで表現しています。買取金額は数万円台から10万円以上まで様々なため、ご売却をご検討の際はお気軽にご相談ください。

現存作家のため鑑定等は必要ありません。現物を拝見して判断させていただきますが、贋作はあまり見かけません。中村宗弘の作品はカビやシミ等が発生している作品を多く見かけるため、コンディションによっては査定額が下がる可能性があります。

日本画の買取について詳しくみる

中村宗弘の作品

  • 湖 10

    ■湖(日本画)
    中村宗弘の代表的な構図です。買取査定額は10万円前後となります。
  • 錦秋

    ■錦秋(日本画)
    調和がとれた色合いが印象的です。
  • 富士

    ■富士(日本画)
    木の狭間から見る富士山は幻想的です。

PageTop