澁澤卿|日本画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

日本画作家 澁澤卿(しぶさわけい)

澁澤

1949年〜2012年 物故作家。
群馬県生まれ。1967年に目黒第3中学校・都立目黒高校を卒業し、大伯父・和田三造の進めにより東京藝術大学工芸科デザイン専攻を受験することになり大藪雅孝に師事し有元利夫・宮廻正明らと共にデッサン等基礎を学ぶ。1974年に東京藝術大学美術学部を卒業し、日本橋高島屋宣伝部にデザイナーとして勤務する。この年銀座画廊にて始めての個展を開催する。当初の作品は人物画が多かった。1977年に出家得度して日蓮宗僧侶となる。1981年頃から花や風景など具象的作品を発表する。1982年に東京藝術大学非常勤講師に就任する。1989年にバーゼル・アートフェアに出品する。1995年に日本美術界を代表して中路融人らと共に中国政府に招かれ上海を訪れる。2008年にモスクワ・ワールド・ファイン・アートフェアに出品する。東京美術俱楽部の他に全国の有名百貨店や画廊で展覧会を開催する。

買取ポイント

日本画家・澁澤卿といえば、<風景>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。
気が滅入るくらい精密なタッチで細部まで表現されています。日本画は油絵と違い制作するのに非常に時間がかかります。日本画は油絵のように絵の具が乾く前に上塗りすることが出来ない為、塗ったところが乾いてからではないと次の作業に写れません。澁澤卿の作品を見れば一目瞭然ですが、一枚の絵を完成させるための製作期間がかなり長かったそうです。芸術家としての側面よりも職人的な作家と感じます。

高価買取のポイントは、<細かさ>でしょう。
そもそも澁澤卿が描く風景は細かいでが、その中でも特に細かい作品は評価が高いです。また、桜などの季節を感じさせる作品も高価買取しやすいです。
市場価格は時代背景や景気にも左右されますので一概には言えませんが、生前の時に比べると評価が下がっています。
日本画作品で10万〜80万円前後の買取価格が多く、サイズ・構図が十分ではないと50万円以上の査定は難しいのが現状です。一方、シンプルな構図になるとサイズが大きくても10万〜20万円前後となります。
版画作品もいくつか制作されており、5万円以下の買取価格となります。

買取の注意点
日本画は保存状態によりシミなどのダメージがでる場合があり、状態により評価が変わります。しかしながら、澁澤卿の作品は描かれてから日が浅いのでダメージが出ている印象はないです。日本画は共シールの有無が買取価格に影響します。共シールが無いと通常買取価格の5〜8掛けになる場合もあります。現在、所定鑑定機関はありません。


日本画の買取について詳しくみる

澁澤卿の作品

秋光彩影

■秋光彩影(版画)
洋画の様な奥行きがある表現方法です。買取査定額は1万〜2万円前後となります。

輝赫錦楓

■輝赫錦楓(版画)
真っ赤に染め上げられた紅葉が印象的です。買取査定額は1万〜2万円前後となります。

香霧夕照

■香霧夕照(版画)
落ち着いたトーンに手前の花が明るさを出しています。買取査定額は1万〜2万円前後となります。

PageTop