清水規|日本画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

日本画作家 清水規

清水規

1962年〜現在に至る
東京都文京区目白台に生まれる。3歳まで祖母のいる埼玉県大里郡妻沼町で育つ。創形美術学校卒業後、絵画保存研究所に勤務し横山大観などの作品の修復を手掛けながら自身の作品制作に励み、初の個展を開催する。その後は埼玉県秩父市にアトリエを構え制作活動に専念し、現在は東京都練馬区にアトリエを移している。

買取ポイント

清水規の作風について
作風は鮮やかで力強い色彩ながら、緻密で繊細な筆致をもって日本の自然風景や寺院などを描き上げている。「日本一数多くの作品を世に残すこと」を目標に掲げ毎年必ず全国各地で個展を開催しており、また2005年には長野県善光寺<戸隠雪景>四曲半双屏風を奉納するなど現代日本画壇を牽引する若い担い手として精力的に作品を世に送り出している。写実的な日本画を得意とする画家。

清水規の買取金額について
日本の風景や寺院などを中心に優しいタッチと色合いで描かれている日本画作品が特徴的です。バブル期に比べると市場評価は落ち着き、昔の相場からすると厳しい評価になるでしょう。買取金額は具体的な条件や要件によって異なります。

作品サイズと作品画像をお送りいただけると査定はスムーズです。実際に作品を見てもらう前に、現在の市場価値を確認したい方も含めて是非お気軽にご相談ください。


日本画の買取について詳しくみる

清水規の作品

PageTop