長谷川潔|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 長谷川潔

長谷川潔

1891年〜1980年 物故作家。
神奈川県横浜市生まれ。麻布中学卒業後、黒田清輝の葵橋洋画研究所に入り素描を学んだのち、本郷洋画研究所で岡田三郎助、藤島武二に油絵を学ぶ。1913年から自画自刻による木版画、銅版画の制作を始め、以後版画の研究、制作に専念する。1914年には来日中のバーナード・リーチに銅版画法について尋ねる。1916年に初の版画家グループ「日本版画倶楽部」を結成し、創作版画展を開催する。1918年から渡仏し、以来パリで制作を続ける。1935年にレジオン・ドヌール勲章を受章する。1966年にフランス文化勲章を受章、翌年パリ市の金賞牌が授与されるなど、日本よりフランスの方で早くから評価がされ、1972年には、フランス国立貨幣、賞牌鋳造局の肖像メダルに、日本人では葛飾北斎、藤田嗣治につぐ三人目として刻される。代表作に<南仏古村><オランジュと葡萄>などがある。

買取ポイント

長谷川潔の作風について
長谷川潔といえば、<マニエル・ノワール>の技法で制作された版画作品ではないでしょうか。マニエル・ノワールと呼ばれる古い版画技法を復活させ、独自の様式として確立させました。白い画面に黒い線を描くのが銅版画の歴史を変え、黒い画面を生み出しました。この技法は一流の刷師ではないと再現できず、1970年に刷師のケネヴィルが亡くなったことにより、長谷川は活動を止めてしまいます。

高価買取のポイントは、<黒>でしょう。長谷川潔は漆黒の作家です。戦後の黒中心で構成された作品が高い評価を得て、特に最晩年の60年代の作品は多くの逸品を生み出しました。少ないながらも手彩色で色を付けている作品もあり高価買取しやすいです。版画以外にもパステルや油絵の作品も残しています。長谷川潔は作品の種類により評価が変わりますので順に見ていきましょう。

@ 版画
マニエル・ノワール以外にもビュラン・ポアントセッシュ・エッチングなど様々な銅版画技法を使い後世に作品を残しました。それぞれの技法に良さはありますが、最も評価が高いのはマニエル・ノワールで制作された作品です。買取価格は数十万円の前半から100万円以上と様々です。マニエル・ノワール以外の技法ですと、落ち着いた買取価格になるでしょう。

長谷川潔の版画で高いか安いかを見分けるポイントは画面上に紙の色が見えているかどうかです。マニエル・ノワールで摺られている作品は画面が黒で構成されていますが、それ以外の技法で摺られている作品は余白が多いため紙の色が見えます。
当然ですが版画作品はシミ等のダメージが出ていると買取金額が下がります。

A 水彩・パステル・鉛筆
紙に直筆で描かれた作品です。長谷川潔の水彩画作品は下絵として描かれたものが多い印象です。直筆サインもあればスタンプサインもありますので、種類により評価が分かれます。

B 油絵
キャンバスに油絵の具で描かれた作品です。作品数は多くないため、評価が難しいジャンルです。査定依頼をいただいたタイミングで判断できればと思います。



版画の買取について詳しくみる

長谷川潔の作品

時 静物画

■時 静物画(1969年)
長谷川潔の代表作の1つです。マニエル・ノワールで制作された版画作品で、買取査定額は150万〜200万円前後となります。手彩付きの作品は更に高くなります。

アレキサンドル三世橋とフランスの飛行船

■アレキサンドル三世橋とフランスの飛行船(1930年)
マニエル・ノワールで制作された版画作品です。買取査定額は80万〜120万円前後となります。

コップに挿した野花 (秋)

■コップに挿した野花 (秋)(1951年)
ビュランで制作された版画作品です。マニエル・ノワールの作品と比べると評価は下がります。買取査定額は数万円代となります。

教会への道(ロエ村)

■教会への道「ロエ村」(1928年)
買取金額は40万〜50万円です。

コップに挿した種子草

■コップに挿した種子草(1961年)
買取金額は40万〜50万円です。

コップのダリア

■コップのダリア(1935年)
買取金額は35万〜40万円です。

オランジュと葡萄 1932

■オランジュと葡萄(1932年)

ジロスコープのある静物画 1966

■ジロスコープのある静物画(1966
年)

晩餐会メニュー用版画 1956

■晩餐会メニュー用版画(1956年

PageTop