東山魁夷|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

東山魁夷

東山魁夷

1908年〜1999年 物故作家。
神奈川県生まれ。東京藝術大学を卒業して研究科に進み、その後ドイツに留学する。留学後は太平洋戦争で応召し熊本で終戦を迎える。戦後の1947年、第3回日展で《残照》が特選に選ばれ、政府買い上げとなる。1950年から日展審査員となり、同年にまっすぐ伸びた道を描いた代表作《道》を発表する。その後、数々の賞を受賞する。
代表作は<道><残照><白馬の森><緑響く>などがある。

買取ポイント

東山魁夷といえば、<風景>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。
説明不要だと思いますが近代日本画壇の巨匠で、美術品に興味がない人でも名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。人物画や静物画は殆ど描かず風景画を描き続けました。東山魁夷の風景画は日本画の一つの終着点であり完成形といえます。全国各地の美術館や百貨店の催事で鑑賞できますので、実物を見てほしい作家のひとりです。
作品の技法により評価が変わりますので順に説明させていただきます。

@ 日本画
岩絵の具を使い描かれた作品です。作品の構図・サイズ・来歴・コンディションなど様々な視点から評価します。100万円しか金額提示できない作品もあれば、4〜5000万円で買取できる作品もあります。しかしながら、一級品は美術館に所蔵されている事が多く数百万円〜1500万円くらいの価格帯で買うことが多い印象です。
原画作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>の鑑定書が必要になります。

A 水彩
紙に水彩・デッサンで描かれた作品です。日本画に比べると描き込みが弱く、下絵のような扱いになります。中には日本画のようにしっかり描いてある水彩作品もありますので買取価格は図柄次第です。数十万円〜100万円前後の買取価格が多いです。

B 版画(オリジナル)
東山魁夷の版画作品は大きく分けて2種類あります。生前作られたオリジナル作品と、没後作られた新復刻作品です。こちらではオリジナル作品を見ていきます。
オリジナル作品は画集でまとめられています。見分け方は三つありますので、順に見ていきましょう。鉛筆サイン若しくは印譜でサインされています。
当然ですが同一図柄ですと新復刻版画よりオリジナルの方が高いです。オリジナル作品は画集がありますので、サイズや色味などのチェックが厳しくなります。
買取価格はピンキリですが、数万円〜200万円以上とかなりの幅があります。作品によって全く違ってきます。

C 版画(新復刻)
新復刻とは東山魁夷没後に東山すみの監修のもと制作された作品です。基本的にオリジナル版画に比べると買取価格は安くなりますが、人気図柄だと人気が無いオリジナル作品より高いケースもあります。『白馬の森』や『道』は特に高いです。新復刻版画は画集には掲載されていません。図柄によりますが10万〜50万円の価格帯が大井です。
新復刻版画の特徴は下記の3つになります。

(1)額の裏に<新復刻画>と記載されたシールがあり
(2)イメージとマージンの境目にエンボスで<〜KAII REPRODUCTION>とあり
(3)イメージ内の印譜が<魁夷復刻>となる

ダメージの認識はオリジナル版画と同様で、シミやカビがあると買取価格は下がります。

D 工芸
岩彩方式という技法で500〜1000部限定で制作された作品があります。図柄によりますが、数万円代の買取が多いです。工芸作品が全部値段付くわけではないので注意が必要です。工芸作品の多くは作品詳細のシールが付いていますが、額縁を開けて確認する必要があるのもあります。


版画の買取について詳しくみる

東山魁夷の作品

白馬の森

■白馬の森(1988年)
東山魁夷の代表作です。同タイトルでオリジナル版画(木版orリトグラフ)・新復刻版画・工芸作品が作られています。こちらは195部限定の木版画で買取査定額は150万〜200万円前後となります。

晩鐘

■晩鐘(1996年)
東山魁夷の作品では珍しい海外の風景です。250部制作されたオリジナルのリトグラフ作品です。買取査定額は70万〜90万円前後となります。

緑響く

■緑響く
緑響くの新復刻版画で500部制作されています。オリジナル版画と比べると評価は下がりますが、買取査定額は30万〜50万円前後となります。

谿若葉 20-25 1984 木版

■谿若葉 (1984年)
新緑のグリーンが美しく、木版で摺られた味がよく出ています。買取査定額は20万〜25万円前後となります。

秋映 40-60 1998年リト

■秋映(1998年)
東山の作品では数少ない秋の季節を描いた作品です。リトグラフで制作された作品で、買取査定額は40万〜60万円前後となります。

芒野 20-30 1990 リト

■芒野(1990年)
東山魁夷の代表的な構図である白馬が描かれています。リトグラフで制作された作品で、買取さて額は20万〜30万円前後となります。

PageTop