平山郁夫|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

平山郁夫

平山郁夫

1930年〜2009年 物故作家。
広島県生まれ。東京藝術大学日本画科に入学し前田青邨に師事する。1960年代後半からたびたびシルクロードの遺跡や中国を訪ね、極寒のヒマラヤ山脈から酷暑のタクラマカン砂漠に至るまでシルクロードをくまなく旅している。広島での被爆体験がきっかけともいわれる。東京藝術大学で田渕俊夫・手塚雄二らを指導、日本初のユネスコ親善大使やアフガニスタンの支援活動など芸術の枠を超えて活躍する。

買取ポイント

平山郁夫といえば、<シルクロード><仏教><神社仏閣>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。
日本国内だけではなくシルクロードを中心に世界各地を周り、制作活動を続けていました。仏教関係のモチーフは被爆体験などから影響を受け終生取り組んできたテーマと言えます。繊細かつ大胆な筆遣いが魅力的で、水彩画などの作品を見ると技術力の高さがうかがえます。
高価買取のポイントは、<らくだ>でしょう。日本の風景・神社仏閣・シルクロード・仏教等取り組んできましたが、最も評価が高いのはラクダを描いた作品です。
日本画・水彩・版画を問わずラクダが描かれていると高額査定しやすいです。また、ラクダの構図は夜の背景と昼の背景2種類ありますが、若干昼の背景の方が良いとされています。作品の種類によって評価が異なりますので順に見ていきましょう。

@ 日本画
岩絵の具で描かれた作品です。表面の質感が特徴的で、写実的に描かれた作風と相まって作品のクオリティを格上げし、鑑賞者を作品の中に引き込みます。<らくだ>を描いた作品は最低でも1000万円からの買取価格になります。神社仏閣などは数百万円代の可能性もあります。日本画は共シールの有無も買取価格に影響します。
日本画などの原画作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後に取れますので、お気軽にご相談ください。鑑定書が無くても査定後にとれますのでお気軽にお問合せください。

A 水彩
紙に水彩で描かれた作品です。代表作の<らくだ>を描いた作品であれば100万〜500万円くらいの価格帯になり、風景画でも50万〜300万円となります。作品の描き込み具合やコンディションにより買取価格は変動します。シミ等のダメージが出ていると査定額は下がります。

B 版画(シルクスクリーン・リトグラフ・銅版画ほか)
市場に多く出回っているのは版画作品でしょう。鉛筆で限定部数とサインが描かれている作品が多いです。<らくだ>の作品ですと15万〜80万円と構図次第で買取価格が変わります。神社仏閣の風景画は数万円〜20万円くらいの価格帯です。

C 工芸(彩美版)
共同印刷が開発した高級美術複製画です。作品の構図にもよりますが数万円〜10万円前後の買取価格になります。上質な額に入っています。

D 工芸(岩絵の具方式他)
ポスターよりは高級な印刷技法です。限定部数の有無などにより評価が変わりますが、基本的には数千円〜1万円前後の買取価格になります。




版画の買取について詳しくみる

平山郁夫の作品

月下らくだ行

■月下らくだ行(版画)
こちらの作品は平山郁夫の作品でも人気が高い部類です。買取査定額は25万〜40万円前後となります。

流砂月光

■流砂月光(版画)
光り輝く月光で陰になったらくだ達が印象的です。買取査定額は15万〜30万円前後となります。

法隆寺

■法隆寺(版画)
版画作品の中で水彩画ベースは評価が低くなる傾向です。買取査定額は数万円代となります。

アンコールワットの朝 リト2003年

■アンコールワットの朝(2003年)
リトグラフで制作された版画作品です。

ラホールの月夜 1993年 木版 20-25万

■ラホールの月夜(1993年)
木版で摺られた版画作品ですが、退色のダメージに注意が必要です。買取査定額は20万〜25万円前後となります。

楼蘭遺跡を行く・日

■楼蘭遺跡を行く・日
平山郁夫の代表的な構図を基に制作した高級工芸です。彩美版と呼ばれ8万〜10万円前後の買取査定額となります。

PageTop