星襄一|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 星襄一

星襄一

1913年〜1979年 物故作家
新潟県生まれ。新潟県立六日町中学校の卒業後に台南師範学校へ入学し台湾へ移る。卒業後13年間初等教員をつとめ、終戦後に郷里へ帰り独学で版画をはじめる。のち上京し武蔵野美術学校西洋画科に入学する。1956年42歳で卒業する。卒業後再び版画へ回帰し木版を中心に制作する。日本版画協会展や国画会展に出品する。この他に東京国際版画ビエンナーレ展に出品し、1966年にジュネーブ日本現代版画展、オクラホマ美術館日本現代版画10人展、台北国立歴史博物館現代日本版画展に出品する。1967年に日本版画展、サンパウロビエンナーレ展、1968年にロンドン現代版画展、1969年に現代日本版画アメリカ巡回展、1971年にブラッセル現代日本版画展、1972年にイタリー・カルピ国際木版画トリエンナーレ展など晩年になっても衰えずに作品を生み出し続ける。

買取ポイント

星襄一といえば、<樹>を題材にした絵画・版画作品ではないでしょうか。
木版と銅板は取り扱いの難しさや特殊性から専門版画家が多く存在します。銅版画なら長谷川潔、浜田知明、浜口陽三などがいて、木版画なら棟方志功、吉田博、清宮質文などが有名です。いま挙げた作家はそれぞれの作風が色濃く出ていますのでサインが書いていなくても作家を特定することは容易です。星襄一も木版画家として作風が明確に決まっていますので判断するのは容易ですが、この作家程同じモチーフを表現し続けた人はいないでしょう。

一貫して「樹」をモチーフにした作品を制作しました。
モチーフだけではなく構図もほとんど同じで、対象物を真正面に見据えて横に広がりを見せる表現方法です。同じモチーフを描き続けると対象物を捉える角度や距離を変えて新たな変化を模索するのが一般的ですが、星襄一は構図までも一貫して正面で対峙して捉え続けました。スポンジのように吸収性が高く多方面に関心が向く作家もいますが、多くの作家は1つの事に集中しやすい性格だと思います。そういった性格の人間が多い中でも星襄一が残した作品群を見ると「樹」への強すぎる興味を感じます。

買取査定額
星襄一の作品は木版画で制作されています。
正方形の作品もありますが、ほとんどの作品は横長です。「樹」という生命エネルギーの象徴を横の広がりを出すことにより力強さを感じます。また、写実的に制作するのではなく精神世界を連想させるような幻想的な雰囲気です。

買取査定額は5万円〜20万円前後が多く、一部の人気作品だけ50万円以上の価格が付きます。
制作年代が古い作品が多い為、ダメージが出ている事が多いです。当然ですがダメージが出ているとその分評価額は下がります。


版画の買取について詳しくみる

星襄一の作品

梢

■梢(木版)

赤い野

■赤い野(版画)

木の風景

■木の風景(版画)

PageTop