池田満寿夫|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

池田満寿夫の版画・油絵・陶磁器の買取価格とポイント

池田満寿夫

1934年〜1997年 物故作家。
日本の洋画家・版画家。満州生まれ。1945年に郷里の長野市に帰る。長野北高校を卒業後、画家を目指して上京する。東京芸術大学を受験するが不合格となる。1955年に既成の美術団体を否定したグループ「実在者」の結成に参加し、同グループの靉嘔(あいおう)の紹介により瑛九と知り合う。翌年、瑛九主宰のデモクラート美術家協会会員となり、瑛九の助言により色彩銅版画をはじめる。1957年に美術評論家でコレクターでもあった久保貞次郎と知り合い援助を受けるようになる。この年に第1回東京国際版画ビエンナーレ展公募部門に「太陽と女」が初入選し、その後ニューヨーク近代美術館で日本人として初の個展を開催する。1966年の第33回ヴェネツィア・ビエンナーレ展版画部門において大賞を受賞する。制作の場をヨーロッパ各地やニューヨークなどに移す。1977年には第77回芥川賞を受賞し、翌年には映画を制作して活動の幅を広げる。晩年はメディア出演も増えて認知度が高まる。

買取ポイント

池田満寿夫の作風

既存の芸術にとらわれない前衛的な表現で注目を集めました。版画作品は具象画でありながら具象画ではなく、かといって抽象画とも言えない池田満寿夫独自の作風を確立しました。シュルレアリスム的な雰囲気が漂い、鑑賞者は考えさせられる作品に仕上がっています。
基本的に版画作品をメインに制作してきたため、版画作家としての認識が強いかもしれませんが、油絵や陶磁器などの作品も残しました。版画作品は池田満寿夫らしい、独特な世界観が存分に発揮されていますが、油絵に関しては非常に具象的です。作品の種類により様々な側面を見せてくれる多彩な作家ではないでしょうか。

池田満寿夫の現在の評価と価値

作品数も多く、良く問い合わせをいただく作家のひとりです。買取金額は作品の技法により大別されるため、簡単に紹介させていただきます。

@ 版画(銅版・リトグラフ)
1960年代の銅版画で制作された版画作品が最も評価されています。70年以降になるとリトグラフで制作された版画作品も増えていきますが厳しい評価額となります。
60年代の作品でも数十万円の買取価格もあれば、数万円の場合もありえます。高価買取しやすい具体的な作品は「楽園に死す」、「聖なる手1」、「バラはバラ」などです。

A 油絵
キャンバスに油絵の具で描かれた作品です。夫人像を描いた作品が多い印象です。作品の描き込み具合、サイズ、コンディションにより具体的な査定額が決定します。

B 陶磁器
1980年代から陶芸やブロンズの制作をはじめました。茶器のように使用してもらうのが目的ではなくオブジェとして楽しむ要素が強い作品が多数です。サイズが大きい作品ではない限り共箱が必要です。

版画作品は必要ありませんが油絵などの原画作品は鑑定書が必要となります。現在の所定鑑定機関は<佐藤陽子・番町画廊>です。鑑定書が無くても査定後に取れるため、お気軽にお問合せください。


版画の買取について詳しくみる

池田満寿夫の作品

  • 聖なる手1 30-50

    ■聖なる手1(1965年)
    池田満寿夫の代表作のひとつです。買取査定額は30万〜50万円前後となります。
  • バラはバラ 40-60

    ■バラはバラ(1966年)
    買取査定額は40万〜60万円前後となります。
  • 楽園に死す 30-40

    ■楽園に死す(1965年)
    買取査定額は30万〜40万円前後となります。
  • 笑って

    ■笑って(版画)
  • 靴の裏側

    ■靴の裏側(版画)
  • 九月B

    ■九月B(版画)

PageTop