カガヤ|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

KAGAYA(カガヤ)の版画の買取価格とポイント

カガヤ

1968年〜現在に至る。
埼玉県生まれ。本名は加賀谷穣(かがやゆたか)。幼少期は星座やギリシャ神話に興味を持ち天文学や絵を独学する。これが将来の作風につながる。埼玉県立浦和高等学校卒業、東京デザイナー学院グラフィックデザイン科(現東京ネットウエイブ)を卒業する。全天星座絵図が同校卒業制作で受賞し、製品化され星座ポスターのベストセラーとなる。
1995年に作品制作をコンピュータ上で行う「デジタルペインティング」の手法を完成させる。2011年に水樹奈々のコンサート(NANA MIZUKI LIVE CASTLE)や、2013年オーチャードホールにて開催の冨田勲×初音ミク 無限大の旅路〜イーハトーヴ交響曲〜など幅広く活躍する。星座や風景、ギリシャ神話の人物などをモチーフにした絵を主に手掛けている。写真集も定期的に出版する。イラストレーターの貴希とSHUは元アシスタント。

買取ポイント

KAGAYAの作風

KAGAYAといえば<星座と神話>や<銀河鉄道の夜>を題材にした絵画作品ではないでしょう。幻想的な世界観は見るものを魅了し、時間の概念を無くしてしまうように鑑賞者を夢中にさせます。ギリシャ彫刻のような、シンプルに美しい作品は多くのファンをつくりました。また、ギリシャ神話や星座をもとに制作している作品が多いので、物語として楽しめる部分もあります。
KAGAYAの作品は版画作品が殆どで「ジークレー」という版画技法で制作されています。別名ジクレーとも呼ぶこともありますが、インクジェットプリンターで印刷された発行数を限定した版画作品です。紙やキャンバスに摺られています。

KAGAYAの買取金額について

星空や宇宙をテーマに作品を制作していますが、上で述べた通りジークレー版画が多く、リトグラフやシルクスクリーンと比べて細かい部分まで表現できる強みがあるため、KAGAYAの作風には適した技法だと感じます。作品によって大きな価格差がありませんので相場は比較的に安定していると言えます。図柄と同じくらい作品のサイズやコンディションも重要です。

売却点数が1点ではなく多数あると+αの査定ができます。買取業者の立場からすると点数が多い方が高価買取しやすいため、まとめての売却も大歓迎です。

KAGAYAの鑑定やコンディションについて

市場に流通している作品のほとんどは版画作品になります。版画作品については鑑定の必要はないため、現物を見て判断させていただきます。購入時に販売元の保証書が付いているケースがあります。無くても問題はありませんのが、あった方が若干評価しやすいです。

鑑定以外のポイントに作品のコンディションがあります。作品自体も重要ですが、額縁も同じくらい重要となります。カガヤの額縁(一部の作品)は作風に合わせて制作されているため、一般的な額縁よりも高級です。安価な額縁でしたら入れ替えるだけで問題ないのですが、カガヤの場合は簡単ではありません。修復が難しいほどの傷があると大きく評価に影響するでしょう。ご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

版画の買取について詳しくみる

KAGAYA(カガヤ)の代表作品

  • 旅立ちの渚

    ■旅立ちの渚(版画)
    ジークレー作品です。買取金額は3万円です。
  • 星桜

    ■星桜(版画)
    買取金額は3万5千円です。
  • パッセージ

    ■パッセージ(版画)
    買取金額は2万5千円です。
  • ルナガーデン

    ■ルナガーデン(版画)
  • ペガサス〜自由の翼〜

    ■ペガサス〜自由の翼〜(版画)
  • アンビエンテ

    ■アンビエンテ(版画)
  • エバーラスティング・ソング

    ■エバーラスティング・ソング(版画)
  • ジェミニ

    ■ジェミニ(版画)
  • ライブラ

    ■ライブラ(版画)

PageTop