棟方志功|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 棟方志功

棟方志功

1903年〜1975年 物故作家。
日本の版画家。青森県青森市生まれ。青森市立長嶋尋常小学校を卒業後、給仕の職など働きながら画家を志して1924年に上京する。独学で絵を学ぶ。川上澄生の版画「初夏の風」を見て感動したことがきっかけで版画家を目指す。1936年に第11回国画会展に出品作が柳宗悦、河井寛次郎、浜田庄司らの注目を集める。以後、「釈迦十大弟子」(1939年)などの代表作を手掛ける。第3回サンパウロ・ビエンナーレ展、第28回展ヴェネチア・ビエンナーレ展でそれぞれ版画部門グランプリを受賞し、国際的に評価される。

買取ポイント

棟方志功といえば<女性>や<仏>をモチーフにした絵画作品ではないでしょうか。ときに縄文的とか、青森の祭ねぶたのエネルギーとかと評される奔放な作風と旺盛な制作意欲は変ることなく晩年まで続いたとされ、作品に力強さが表れています。牛乳瓶の底の様な分厚い眼鏡が特徴的で作家自身のキャラクターも強烈です。

高価買取のポイントは<大首>でしょう。大首と呼ばれる女性図が最も評価が高い作品の一つです。棟方志功の板画作品は大枠だけ木版で黒く摺り、色は紙の裏から手彩色で入れていきます。版画作品でも1枚1枚棟方自身が色を入れているので原画作品と同じく1点モノ扱いになります。その為、版画作品では当たり前の限定部数は無く鉛筆のサインのみ記されています。基本的に色がある作品が高価買取しやすいですが、<釈迦十台弟子>のような一部の作品は色無しでも高い評価を得ています。また、棟方志功の没後に作られた版画作品はリトグラフで制作され、木版と比べると評価が下がります。
棟方の作品は倭絵・板画・リトグラフの種類で制作され、評価額がそれぞれ異なります。順に見ていきましょう。

@ 倭絵(やまとえ)
紙に水彩などで描かれた直筆作品です。描き込み具合や色の有無によって評価が変わりますが30万〜300万円前後となります。女性の顔(大首等)を描いた作品は200万〜300万円の価格帯です。

A 板画
木版画の事です。木を使っているため「版」ではなく「板」の字を使い板画(はんが)と呼んでいました。多くの作品は木版で摺られた後に手彩色で色を付けています。モチーフや手彩色の有無で大きく評価が変わりますが、10万〜400万円前後となります。倭絵よりも金額の幅が出やすいのです。ただ、市場に出回っている作品の多くは50万円以下の買取となります。100万円以上の金額で買えるのは一部の人気作品のみとなります。

B リトグラフ
棟方志功の没後に制作された版画作品です。構図はどれも素晴らしいですが希少価値や作品の成り立ちを考慮すると、買取査定額は数万円〜10万円前後となります。

C 陶磁器
作品数は少ないですが陶磁器作品もあります。50万円以下で買取する作品が多い印象です。

買取の注意点
倭絵・板画作品は湿気等によるシミやカビ等のダメージが発生しやすいです。作品によっては数十年以上経過していますので、状態のチェックは必要です。コンディションにより評価が変わりますので、現物確認後に最終的な判断させていただきます。棟方志功の作品(リトグラフ以外)は<棟方志功鑑定委員会>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますので、お気軽にお問合せください。



版画の買取について詳しくみる

棟方志功の作品

大慈航観世音菩薩図

■大慈航観世音菩薩図(リトグラフ)
没後に制作された版画作品です。大作ですが8万〜12万円前後の買取査定額となります。

円窓妃図

■円窓妃図(リトグラフ)
志功の代表作である女性の顔です。買取査定額は5万〜8万円前後となります。

天乃宇受女之美胡登図

■天乃宇受女之美胡登図(リトグラフ)
赤い背景が印象的です。買取査定額は5万円〜10万円前後となります。

PageTop