蜷川実花|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

蜷川実花

蜷川実花

1972年〜現在に至る
東京都生まれの写真家であり映画監督でもある。活動開始と同時に毎年写真集を発表し、現在までに80冊近くを出版する。2007年に公開された『さくらん』では長編映画初監督も務め、同作は国内だけでなく、第57回ベルリン国際映画祭り及び第31回香港国際映画祭の正式出品特別招待作品となるなど国内外で高い評価を得る。2008年11月に東京オペラシティアートギャラリーから始まり、全国の美術館を巡回する大規模な回顧展「蜷川実花展 地上の花、天上の色」を開催、のべ18万人を動員する。2012年には『ヘルタースケルター』にて映画監督として第2作目を発表する。ひとつぼ展グランプリ、木村伊兵衛写真賞、大原美術館賞(VOCA展)など数々受賞する。2020年に開催予定だった東京オリンピック、パラリンピック競技大会組織委員会理事に就任する。

買取ポイント

蜷川実花の作風について
【c−プリント】と呼ばれる、カラーネガから焼き付ける最もポピュラーなカラープリントを駆使して制作されたエディション作品が最も市場に出回っています。
溢れんばかりの光と色が瑞々しい自然物を被写体として切り取られた画面は美しい、の一言につきます。

蜷川実花の買取金額について
査定金額をご提案する上で参考にする二次流通(セカンダリーマーケット)には十分に作品が出回っていないため、売却時期によって評価が変わる可能性があります。
c-プリントで制作されたエディション作品は5万円からの買取金額になる可能性がありますが、作品のサイズや内容によっては10万円以上のご提案も可能です。

買取の注意点
2000年以降に制作された作品が多い印象のため、直射日光に当てているなど特殊な環境下ではない限りダメージの心配はないかと思います。ただ、ダメージが発生していると査定額に影響します。


版画の買取について詳しくみる

蜷川実花の作品

PageTop