笹倉鉄平|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 笹倉鉄平

笹倉鉄平

1954年〜現在に至る。
兵庫県生まれ。1977年に武蔵野美術大学商業デザイン科卒業後、グラフィックデザイナーを経て、イラストレーターとなる。 1987年に毎日新聞カラー別刷り版・裏表紙に、「Romantic Gallery(ドイツの街々を描いた)」 シリーズを連載する。1990年に東京、青山スパイラル・ギャラリーでの初個展開催を機に、画家としての制作活動に専心する。1991年からシルクスクリーンによる版画作品の発表を開始する。1992年にオランダで開催された、花の万博「フロリアード/1992」の記念版画が制作される。同年、ニューヨーク・アートエキスポに出品する。2006年に北京、国立中国美術館にて、日中友好を目的とした劉長順との「二人展」が開催される。京都と東京に活動の拠点を置き、国内外の百貨店や有名画廊で個展を開催する。

買取ポイント

笹倉鉄平の作風について
笹倉鉄平といえば、<国内外の風景>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。普段見落としがちの日常風景を、四季折々の表情をのせて描いてきました。2000年までは海外風景が作品の多くを占めていましたが、それ以降は日本の風景も発表されるようになりました。特に光を表現するのが上手く、鮮やかな色使いは多くのファンを虜にしています。
森永製菓のパッケージイラストを描いていた事でも有名です。

作品の技法(水彩や版画など)によって買取金額は変わる?
買取金額に関しては作品の技法が重要です。主に直筆で描かれた水彩作品と版画(リトグラフやシルクスクリーンなど)に大別されます。一点モノの直筆作品と比べると、ある程度まとまった枚数が摺られている版画作品は評価額が下がります。では、順番に見ていきましょう。

@ 原画
原画とは笹倉鉄平自身が直筆で描いたアクリルや水彩などで作品をいいます。セカンダリーマーケット(二次流通)にはあまり出回っていません。最終的な価格帯は描き込み具合やサイズなどによって決定しますが、版画作品になるような構図が良いとされています。

A 版画
作品の性質上当然ですが、市場に出回ってくる作品の殆どが版画作品になります。初期の作品はセリグラフで制作されている事が多いですが、2000年前後からキャンバスにジークレー作品が増えてきました。

1991年に発表された<カダケス>が笹倉鉄平の最初の作品になり、2013年時点で200以上の作品を世に送り出しています。作品により評価の高い安いがありますが、初期の作品に高額査定しやすい傾向です。

〜高価買取の特徴は2つ〜
まずは横長で大きいサイズです。額装された状態で畳一枚くらいの大きさが目安です。
次に海外の街の風景を描いている作品です。この2つのポイントを抑えた作品は評価しやすい傾向です。

〜DX(デラックス)版とは?〜
DX版とは主に”リマーク”と呼ばれる手法が使われた作品です。リマークとは版画の余白部分に作家が直筆でイラストを描いたものです。通常版は限定部数とサインのみなので、それと比べると付加価値があります。
※DX版には、リマーク以外には版画の上から直筆で色を加えた”手彩色(テサイシキ)”というパターンもあります

リマークではないですが、作家が来場している際に購入した方などは、特典として額の裏に黒ペンで簡単なイラストと日付などを描いてもらえるケースがあります。こちらは査定額にほとんど影響を与えません。

〜版画の査定はタイトルが重要〜
版画作品の場合は作品ごとに大まかな相場がありますので、作品タイトルが分かれば作品を見なくても概算価格のご提案が可能です。
しかしながら、版画作品はシミやカビ等のダメージが出ていると評価が下がりますので最終的には現物を確認する必要があります。また、シルクスクリーン作品は劣悪な環境下に置いている絵の具がワレてしまします。油絵などの原画作品でしたら修復できますが、シルクスクリーンのワレは修復できませんので価値が著しく下がります。保管には注意が必要です。

まとめ
笹倉鉄平は現在でも新作を発表しており、衰え知らずの人気作家です。多作作家の宿命ですが、作品数が増えるごとに査定額に優劣が付きます。タイトルさえ分かれば問合せ時点での概算価格をご提案できますので、お気軽にご相談ください。
当社では電話・LINE・メールでお問い合わせを受け付けておりますので、ご都合に合わせて査定方法をお選びください。

版画の買取について詳しくみる

笹倉鉄平の作品

カダケス

■カダケス(1991年)
カダケスとはスペイン・バルセロナ近郊のリゾート地です。記念すべき最初の版画作品です。買取査定額は15万〜25万円前後となります。

オンフルール

■オンフルール(1997年)
限定部数が600部と版画にしては多いですが、人気作なので買取査定額は15万〜25万円前後となります。

サン・ルーに降る雪

■サン・ルーに降る雪(2002年)
フランス・パリのノートルダム寺院近くのサン・ルー地区の事を描いているのでしょうか。2000年以降の作品では最も評価が高いでしょう。

ルピ

■ルピ(1991年)
のどかな風景です。赤色が退色していることが多い作品です。買取査定額は5万〜10万円前後となります。

ジェラテリア

■作品名(1994年)
奥行きがあり、笹倉鉄平らしい色使いです。買取査定額は5万円以下となります。

永遠に

■永遠に(1999年)
水面に写る恋人たちに注目してほしい作品です。買取査定額は5万円〜10万円前後となります。

スターアトラス 南星図

■スターアトラス 南星図(1999年)
スターアトラスシリーズは他に北星図と天星図があります。買取金額は8万〜12万円前後です。

リュ・ド・ノエル

■リュ・ド・ノエル(2005年)
この作品にはDX版が存在し、通常版より若干評価が高いです。買取金額は7万〜10万円前後です。

マジック・アワー

■マジック・アワー(1994年)
セリグラフで制作された版画作品です。買取金額は4万〜5万円前後です。

きよしこの夜

■きよしこの夜(1999年)
シルクスクリーンで制作された版画作品です。買取金額は6万円です。

夕日の街イア

■夕日の街イア(1998年)
シルクスクリーンで制作された版画作品です。買取金額は4万円です。

バイオリン工房

■バイオリン工房(2004年)
シルクスクリーンで制作された版画作品です。買取金額は5万円です。

フェスタ

■フェスタ(1998年)

僕とボビーと秘密の店と

■僕とボビーと秘密の店と(2012年)

アパルトマンの窓辺

■アパルトマンの窓辺(2008年)

デイドリーム

■デイドリーム(2002年)

モーゼルのぶどう畑と笑顔になる水辺

■モーゼルのぶどう畑と笑顔になる水辺(2015年)

祝福

■祝福(2001年)

PageTop