鈴木英人|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

鈴木英人の版画・原画・イラストの買取価格とポイント

鈴木英人

1948年〜現在に至る。
福岡県生まれ。1971年頃より広告デザインを手掛け、デザイナー、アートディレクターを経て、1980年イラストレーターとしてデビューする。山下達郎のレコードジャケット、FMステーション誌のカバーデザイン等数多くのイラストレーションを描く。以後商業デザインの世界にとどまる事なく1985年 「EAST ALBUM」のタイトルで、版画(リトグラフ)30作品を、東京と大阪の5箇所の画廊で同時に発表。現代アート作家としての地位を築き上げる。以後,精力的に版画作品を制作発表し現在作品数は、300点を超えている。

鈴木英人の公式サイト

買取ポイント

鈴木英人の作風・書き方について

鈴木英人といえば、<車>や<海>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。また、わたせせいぞうや永井博らと共に80年代を代表とするイラストレーターとしても有名です。
ぬり絵のような線と面の技法を軸に鈴木英人のスタイルを築き上げました。近年ではよりポップでグラフィックな作品に変遷していきました。最初の作品は日本でいえばヨコスカ、アメリカ基地、本牧、JAZZ、場末、裏通り、バー(Bar)、看板などが原点だったといえます。大胆な色使いと構成は一躍人気作家に押し上げました。

作品の技法(直筆やリトグラフ、シルクスクリーン等)によって買取金額は異なる?

作品の技法により評価が異なります。一般的に版画と呼ばれる技法で制作されたリトグラフやシルクスクリーンが多く流通しており、最も問い合わせの多いジャンルです。原画と版画では買取金額が異なるため、順に見ていきましょう。

@ 原画(パントーンオーバーレイ)
鈴木英人の原画は油絵でも水彩でもなくパントーンオーバーレイという表現方法です。アニメなどに使われるセルという透明なシートを色ごとに張り付けているようなイメージです。貼り絵のような認識で良いかと思います。
買取価格はモチーフによって幅が出。非常にデリケートな作品なのでダメージが出ていることが多い印象です。

A 版画(シルクスクリーン・リトグラフ)
初期のシンプルな構図で制作された版画作品です。ヨット、看板、アメリカの街並み、海など人気モチーフを数多く生み出してきましたが、最も評価が高いのは<ポルシェ>を描いた作品です。
版画作品はシミや退色などのダメージがあると、買取価格が下がります。特に赤色が退色しやすいので管理には注意が必要です。

B 版画(EMグラフ)
近年制作された鈴木英人独自の版画技法です。初期の作品と比べて鮮やかな色合いを主体に、紙吹雪が飛んでいるように光の反射や移り変わりを表現しています。作品の内容にもよりますが、買取金額はリトグラフ作品と大きな違いはありません。
当然ですが、シミ等のダメージがあると買取価格は下がります。

アマゾンなどの通販で売られている鈴木英人の中古画集やポスターは本物??

日本を代表とするイラストレーターであり、多くの版画作品を制作しているため、マーケットには鈴木英人に関する商品が溢れています。

需要が高い商品に当てはまる点ですが、人気がある程ニセモノやコピー商品が作られます。しかしながら、鈴木英人の場合は市場価値が高い原画作品は別として、画集やポスターなどの安価な価格帯の商品はコスト等の兼ね合いから制作される事はほとんどないでしょう。

中古品を購入する際には、本物か偽物かを心配するより、商品のコンディションを気にした方が良いかもしれません。シミや破れなどのダメージがあるのにもかかわらず、コンディション良好として販売しているケースもあります。
結論、商品状態をしっかり確認できるのであればアマゾンなどの通販サイトで購入しても問題ないでしょう。

鈴木英人の高く売れる図柄は?

人気ナンバーワンの図柄は【ポルシェ】です。車をモチーフにした作品は多数制作しておりますが、その中でもポルシェを描いた作品は最も評価が高いです。
買取に関しては作家の代表作が高価買取しやすい傾向です。ポルシェ以外にも人気がある構図は多数ありますので、お気軽にご相談ください!

イラストレーター鈴木英人のまとめ

鈴木英人の版画作品はタイトルが分かれば具体的な査定額を提案しやすいですが、図柄(ヨットや車など)だけでも概算価格をお調べできます。また、作品の画像をいただけると査定はスムーズになるため、ご検討下さい。
【電話】【LINE】【メール】で査定依頼をお待ちしております。

版画の買取について詳しくみる

鈴木英人の作品集

  • スピードスターと過ごす午後

    ■スピードスターと過ごす午後(版画)
    ポルシェを描いた人気作品です。赤が一番人気のため、買取査定額は16万円です。
  • コートダジュールの小高い丘

    ■コートダジュールの小高い丘(版画)
    フランス南部の世界的な保養地です。黄色いポルシェが似合います。買取査定額は12万円です。
  • 北野・風見鶏の館

    ■北野・風見鶏の館(EMグラフ)
    日本国内の風景も秀逸です。
  • あの頃の二人

    ■あの頃の二人(1998年)
    シルクスクリーンで制作された作品です。
  • マギージョー

    ■マギージョー(1990年)
    ヨットで揺れる波の表現が秀逸です。
  • ジョージズバーガー2

    ■ジョージズバーガーズ2(1984年)
    リトグラフで制作された版画作品です。アメリカの街並みをクールに表現。
  • 作品名

    ■BUDWEISER(1985年)
    鈴木英人の人気構図である「看板」です。
  • FORD DUCE

    ■FORD DUCE(1988年)
    ポルシェではありませんが、人気が高い「車」を描いた版画作品です。
  • PROVINCETOWN HOUSES

    ■PROVINCETOWN HOUSES(1991年)
  • シボレー

    ■シボレー(版画)
  • モーニンググロー

    ■モーニンググロー(版画)
  • 鎌倉 銀河の舞

    ■鎌倉 銀河の舞(版画)
  • ブリッカー ストリート グロッサリー

    ■ブリッカー ストリート グロッサリー(版画)
  • 終わりなき夢

    ■終わりなき夢(版画)
  • プレシアス ブルー

    ■プレシアス ブルー(版画)
  • バージンスノー

    ■バージンスノー(版画)
  • 美しき君と

    ■美しき君と(版画)
  • Feel so easy

    ■Feel so easy(版画)
  • 波のかなたへ

    ■波のかなたへ(EMグラフ)
    希少なリマーク付の作品でした。買取査定額は18万円です。
  • 夢見る街角

    ■夢見る街角(版画)
  • 太陽物語

    ■太陽物語(シルクスクリーン)

PageTop