柳原良平|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

柳原良平

柳原良平

1931年〜2015年。
東京都生まれ。6歳の時に銀行員だった父の転勤で関西へ移り、少年時代を京都、西宮、豊中などで過ごす。1950年に京都市立美術大学(現在の京都市立芸術大学)工芸科に入学する。在学中に色彩構成の講義を受け、後の切り絵を多用した作風に影響を及ぼす。1954年に同大学を卒業し、寿屋(現在のサントリーホールディングス)大阪本社宣伝部意匠課に入社し、翌年日本宣伝美術会に「トリス」のポスターを出品し、奨励賞を受賞する。1956年よりPR誌『洋酒天国』で表紙を担当し、テレビCMのキャラクター“アンクルトリス”をデザインする。1956年に東京支社へ転勤し、59年に寿屋を退社し嘱託となり、64年に広告制作会社サン・アドを設立する。商船三井や太平洋フェリーの名誉船長、日本船長協会の名誉会員を務める。1964年より横浜に住み、75年より横浜市中区のせんたあ画廊で、没年に至るまで継続的に個展を開催する。1977年横浜文化賞受賞。2001年に横浜マリタイムミュージアム(現在の横浜みなと博物館)で企画展「船の画家 柳原良平」が開催される。享年84。

買取ポイント

柳原良平の作風について

サントリーのウイスキー「トリス」のキャラクター“アンクルトリス”のデザインで知られるイラストレーターです。デザイン化されたキャラクターは愛くるしく人々に受け入れられました。柳原良平という名前を知らなくても“アンクルトリス”を見たことが無い人は少ないのではないでしょうか。
柳原良平のもう1つの顔が「船を愛する人」です。商船三井、太平洋フェリーなどの名誉船長を歴任するほどの船好きで作品のモチーフに使われています。
柳原良平の美術作品は油絵・水彩・切り絵・版画などがあります。ここではマーケットへの流通量が多い切り絵と版画の買取金額を紹介します。

柳原良平の買取金額について

マーケットに出回る作品の多くは「切り絵」と「版画」です。「切り絵」とは色が付いた画用紙を切って1枚の紙に貼り合わせる作品です。柳原の場合はペンなどを使い細部を作っています。「版画」はリトグラフなどの技法を駆使して摺られた作品に直筆のサインと限定部数(5/100など)があるものを言います。認知度が高い作家なのでポスターも多く制作されており、版画作品と区別する必要があります。

@ 切り絵
アンクルトリスなどの独特な人物が描かれていると評価が高いです。サイズが多きものは少ない印象です。サイズが小さくても人気構図でしたら高価買取も期待できます。

A 版画
作品のタイトル又は図柄とサイズが分かれば具体的な金額を提案できます。

鑑定について

柳原良平の直筆作品については「柳原良平作品鑑定委員会」が所定鑑定機関となります。基本的に版画以外の作品は鑑定に出させていただきますが、鑑定日が毎月ではないので結論までにお時間をいただく場合もあります。


版画の買取について詳しくみる

柳原良平の作品

ベイブリッジ

■ベイブリッジ(版画)
買取金額は1万円です。

テープ

■テープ(版画)
買取金額は2万円です。

六甲山

■六甲山(版画)
買取金額は2万円です。

ボンボヤージュ

■ボンボヤージュ(版画)

みなとみらい

■みなとみらい(版画)

オーシャンプリンセス

■オーシャンプリンセス(版画)

PageTop