吉田博|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 吉田博

吉田博

1876年〜1950年 物故作家。
福岡県久留米市に生まれ。1887年に福岡市に転居する。県立中学修猷館を卒業後、京都にでて田村宗立に師事する。翌年上京して不同舎に入り、明治美術会会員となる。1899年から2年間欧米に遊学し、1902年には太平洋画会結成に参加する。文展では連続で受賞後、審査員を務める。1936年に日本山岳画協会を結成し、実際に登攀し実見した内外の山岳風景を、主に水彩画や版画に表現する。当時の日本人としては稀な芸術家で、海外体験を通じて東西の芸術作法を見つめ、一貫して風景を取材する。自然に飛び込み融合することで体得した自然観と、欧米の専門家をも驚嘆させた高い技術をもって制作を重ねた。

買取ポイント

吉田博の作風について
版画家・吉田博は浮世絵の流れを汲みつつ、独自の進化を果たしました。過度な装飾やデザイン性を排除した写実的な風景が特徴的で、近代的な浮世絵像を確立させた作家と言えます。当時は洋画の勢いが強く、日本独自の古典的な表現様式に重きを置かれていなかった時代に獅子奮迅のごとく実績を重ね、美術史で高い評価を得ています。
「富士拾景」、「瀬戸内海集」、「日本アルプス十二題」などのシリーズ作品が多いのも特徴です。

吉田博の買取金額について
浮世絵の流れを汲む作家の特徴として、現代版画では一般的な限定部数(1/300や23/50など)の記載は無く、サインのみです。通常は限定部数が無いと発行枚数が分からない事から、作品の権威性(評価)が落ちますが、吉田博を含む一部の作家は影響がありません。少し特殊なジャンルでしょう。

買取金額に関しては数万円〜30万円ほどと作品によって大きく異なります。 しかしながら、10万円以上の金額で買取できる作品は少なく、大多数の作品は数万円代のご提案となります。

作品の画像をいただければ具体的な金額で査定額をご提案できますが、作品の題名だけでもお調べできるケースもあります。是非、お気軽にご相談ください。


版画の買取について詳しくみる

吉田博の作品

白馬山頂

■白馬山頂(版画)

猿澤池

■猿澤池(版画)

五色原

■五色原(版画)

PageTop