ベルナール・ビュッフェ|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

ベルナール・ビュッフェ

ビュッフェ

1928年〜1999年 物故作家。
フランスの洋画家。パリ生まれ。1943年にヴォージュ広場のパリ市夜間講座に通う。国立美術学校の入学試験に合格する。1945年にアトリエ作品賞を受賞する。1947年にアンデパンダン展とサロン・ドートンヌに出品し、注目され始める。1973年に静岡県長泉町にベルナール・ビュフェ美術館が創設される。1974年にバチカン法王庁美術館に収蔵される。
1975年にフランス・アカデミー会員となる。1991年にロシアのエルミタージュ美術館とプーシキン美術館で大回顧展。1993年にレジオン・ドヌール勲章を受ける。1999年に自らの手で人生を終える。

買取ポイント

ベルナール・ビュッフェの作風について
ビュッフェといえば<自己憐憫主義>と呼ばれた絵画作品ではないでしょうか。自己憐憫主義として鍵になる作家で、早くから影響力を持っていました。1950年にはフランスの新聞で、世界で最も重要な二大画家の一人として指名されました。ちなみみ、もう一人はピカソでした。ビュッフェが描く作品は研ぎ澄まされたギザギザとした形態と、抑えた色調が特徴です。ピエロ・風景・花・車など様々なモチーフを激しい直線で表現されています。
買取価格に関しては<風景>や<花>の構図が高額査定のポイントです。1990年頃をピークに相場は落ち着いている印象ですが、その中でも風景と花の構図は人気があります。作品の種類によって見るべきポイントが変わりますので、順番に説明させていただきます。

@ 油絵
花を描いた作品は時代関係なく比較的に相場が安定している印象です。数百万円代半ばボリュームゾーンです。花の作品と比べて風景作品は買取価格の開きが出やすいです。油絵などの原画作品は<Celine LEVY>などの鑑定書が必要となり、鑑定には時間がかかるため注意が必要です。鑑定書等が無くても査定後に取れますので、お気軽にお問合せください。

A 版画(リトグラフ)
ビュッフェは多くの版画作品を残しましたが、大きく分けると色付きのリトグラフとモノクロのドライポイントの2種類になります。まずは色付きのリトグラフ作品を見ていきましょう。パリ・サントロペ・ニューヨーク・サンフランシスコの街を描いたシリーズ作品は評価が高いです。

B 版画(ドライポイント)
銅版画技法の1つであるドライポイントで制作した版画作品です。ごく一部の作品を除いてモノクロ作品で、リトグラフ作品と比べると厳しい査定額になるかもしれません。

まとめ
市場に流通している作品の多くは版画作品です。作品数が多いためタイトルだけでは判別できない場合がありますので、作品画像をお送りいただけると査定がスムーズになります。LINEやメールで受け付けていますのでお気軽にご相談ください。
画像が用意できない場合は、お電話で作品の詳細をお教えください。

版画の買取について詳しくみる

ベルナール・ビュッフェの作品

カルメン

■カルメン(1967年・リトグラフ)
エスカミロと対になっている作品です。作品によってドレスの色が異なり、買取査定額は20万〜30万円前後となります。

バラ

■バラ(リトグラフ)
明瞭な色使いが特徴的です。買取査定額は8万〜12万円前後となります。

ヨット

■ヨット(ドライポイント)
シックな雰囲気で現代建築と相性が良さそうです。買取査定額は3万〜5万円前後となります。

相撲「日本への旅」より

■相撲「日本への旅」より(1981年)
日本文化をモチーフにした作品です。買取金額は2万〜3万円です。

ドンホセ「カルメン」より

■ドンホセ「カルメン」より(1981年)
買取金額は2万〜3万円です。

サントロペのパノラマ

■サントロペのパノラマ(1979年)
ビュッフェが得意とするモチーフです。買取金額は5万〜8万円です。

シェ・バルベ・レストラン

■シェ・バルベ・レストラン(1969年)

モーガン

■モーガン(1985年)

マレイユ黄色と青色のカフェ

■マレイユ 黄色と青色のカフェ(1985年)

PageTop