クリスト|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

クリストの版画の買取価格とポイント

クリスト

1935年〜2020年 物故作家。
ブルガリア・ガブロヴォ生まれ。本名はクリスト・ヤヴァチェフ。1953から56年の間にソフィアの美術学校で学んだ後、プラハに移る。1957年からウィーン美術アカデミーで学び、翌年にパリへ移り、ジャンヌ=クロードと出会う。1961年から公共の建物の梱包、積まれたドラム缶、ケルン港における「埠頭のパッケージ」など、二人で共同のプロジェクトを始める。1964年にクリストとジャンヌ=クロード、ニューヨークに移住する。オランダ・ステディリク・ヴァンアベ美術館、アメリカ・ミネアポリス美術学校ウォーカー・アートセンター、
ドクメンタ展など世界各地で作品を発表する。1991年には「アンブレラ、日本−米国、1984-91」として日本国内でも大規模な作品が発表される。1995年に高松宮殿下記念世界文化賞・彫刻部門で受賞する。2009年にジャンヌ=クロードが逝去し、2020年にはクリストも逝去する。

買取ポイント

クリストの作風

クリストの始まりは1958年にジャンヌ=クロードとの出会いでした。1961年から2人は野心的で巨大な作品を数多く制作しました。クリストの代表的な作品は橋やビルを布で包装する行為ではないでしょうか。他にもケルン港で石油樽を防水シートで包装する作品や「鉄のカーテン」と呼ばれる240本のドラム缶をパリの狭い通りに並べて色鮮やかな壁を作りました。油絵や彫刻のように後世に残るものではなく、一過性であり短命な儚い作品を残しました。他のランドアーティストと異なり、人里離れた場所ではなく、人が住んでいてながら多くの人々の干渉を受けない所を選んでいたそうです。
クリストとジャンヌ=クロードの作品は、企画から関係各所との交渉や、労働者や会社との共同作業で完成までに何年もかかるものもあったそうです。

クリストの現在の評価と価値

作風で紹介したようにクリストの代表作は大規模なランドアートのため現存していない事が多く、美術品として売買する事は困難です。アート作品として市場に出回っている作品の多くは版画作品です。シンプルなリトグラフ作品もあればコラージュで布などが縫い付けられている作品もあります。買取金額は数万円台から数十万円台と様々で、コラージュされている作品の方が評価は高くなるでしょう。
クリストの版画作品のご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

版画の買取について詳しくみる

PageTop