デビッド・ホックニー|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

デビッド・ホックニー

デビッド・ホックニー

1937年〜現在に至る。
イギリス・ブラッドフォード生まれ。1953年からブラッドフォード美術学校で学ぶ。1959年からロンドンの王立美術大学で学ぶ。1963年に最初の個展を開く。1964年にアメリカ・ロサンゼルスへ移住し、【スイミングプール】シリーズの第一作を描く。1970年にロンドンで初の回顧展が開催され、ダブルポートレートの代表作である【クラーク夫妻と猫のパーシー】を制作する。1982年からポラロイドコラージュとフォトコラージュを手掛ける。パリのポンピドー・センターで写真展を開催する。1989年に高松宮殿下記念世界文化賞・絵画部門で受賞する。2003年にフィレンツェ・ビエンナーレで生涯功績賞を受章する。

買取ポイント

デビッド・ホックニーの作風

ポップアートのキーマンのひとりで、画家以外にも製図家・写真家・デザイナーなど様々な顔を持つ、偉大なイギリス人アーティストとして有名です。1960年代から私生活でも有名になり、20台半ばになる頃には世界的な成功を収めていました。現在においても最も重要なイギリス人アーティストのひとりとして位置付けられています。
代表的な作品は【カリフォルニア・スイミングプール】のシリーズではないでしょうか。またダブルコーポレートや写真を使用したコラージュの作品も非常に高い評価を得ています。大衆を味方につけて、日常の景色を切り取ったような作風が特徴的です。

デビッド・ホックニーの現在の評価と価値

イギリスを代表とするポップアートアーティストであり、各時代により様々な作風を生み出しました。美術史での功績だけではなく、市場評価という側面から見てもインパクトを残している作家です。

2018年にホックニーの代表作のひとつ《芸術家の肖像画―プールと2人の人物―》(1972)が、クリスティーズのオークションで現存作家最高額の約102億円(9031万2500ドル)で落札されました。現在(2020年時点)の最高額は、ジェフ・クーンズの彫刻作品《Rabbit》(1986)で価格は9,110万ドルです。2019年5月に記録を更新されましたが、星の数ほどいる現存作家の中で2番目は非常に凄い事ではないでしょうか。

ただ現実的に上記のような作品が国内のマーケットに出回る事は殆どなく、基本的には版画(リトグラフや銅版画など)作品でしょう。買取金額は数十万円台から数百万円台と様々のため、デビッド・ホックニーの版画作品のご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。海外の市場動向を反映させた買取金額をご提案させていただきます。

版画の買取について詳しくみる

PageTop