フランク・ステラ|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

フランク・ステラの版画の買取価格とポイント

フランク・ステラ

1936年〜現在に至る。
アメリカ・ボストンに生まれ。プリンストン大学で美術を学び、22歳の時にアートの中心地であるニューヨークへ向かう。ジャスパー・ジョーンズの作品に感銘を受けて、色や形を極端に抑えたストライプを描く「ブラック・ペインティング」を制作する。1959年には「16人のアメリカ作家展(ニューヨーク近代美術館)」に選ばれ、ミニマルアートの先駆けとなる。その翌年にはレオ・カステリ画廊での個展で『アルミニウム・シリーズ』を発表する。1970年代からは、レリーフ状の絵画を多く展開する。1980年以降は大きく作風が変わり、立体作品、コラージュなど多様な領域で大胆に作風を変化させる。1980年代の終わりからは建築分野にも携わり、ヨーロッパ各地でさまざまな建築プロジェクトに関わり、現在に至る。

買取ポイント

フランク・ステラの作風

アメリカ戦後美術を代表する抽象画家で、ミニマルアーティストとして有名です。
今後も美術史の文脈に残る世界的作家の作品が日本で見る事ができます。千葉県・佐倉市にあるDIC川村記念美術館に多数所蔵され、1950年代のブラック・シリーズから1980年代以降の立体物まで、フランク・ステラの作品を体系的に鑑賞することができます。特に彫刻のような立体作品は多彩な色や形の破片、ねじ曲げられた平面などを、大画面に貼り付けてあり、初期の作品からは一線を画す作風に仕上がっています。

フランク・ステラの現在の評価と価値

アメリカ抽象画界で最も大きな影響力を持ち、ミニマルアーティストとして有名です。
国内で流通する多くの作品は版画で制作されたものです。実際に国内の二次流通では殆ど原画作品は見る事ができません。フランク・ステラは1967年に最初の版画を制作し、シルクスクリーンやリトグラフなどの技法を駆使して作品を作り上げました。
高価買取のポイントは【コラージュ】ではないでしょうか。コラージュがあると、評価が高くなる傾向です。買取金額は数万円台から100万円以上と様々で、作品により大きく異なります。フランク・ステラの版画作品のご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

版画の買取について詳しくみる

PageTop