ジョージ・ロドリーゲ|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 ジョージ・ロドリーゲ

ロドリーゲ

1944年〜2012年 物故作家。
アメリカ・ルイジアナ州生まれ。小学3年の時、小児麻痺を患い寝たきりになったが、母親から、粘土と絵具を与えられ、芸術家となる転機となった。1968年に広告代理店のアート・ディレクターとして働くものの、翌年には広告代理店を辞めて絵の制作に専念する。初の個展を開催した翌年から芸術家として本格的に活動開始、数々の賞を獲得している。1975年に初めてシルクスクリーンを制作する。1989年にニューオリンズに自分のギャラリーを開き、ブルー・ドッグシリーズを描きはじめた。1995年に東京・南青山に「ザ・ブルードッグ・ギャラリー」をオープンする。2008年にニューオリンズで開催された北アメリカ首脳サミットの記念としてブッシュ大統領側の依頼により制作する。

買取ポイント

ジョージ・ロドリーゲといえば、<ブルードッグ>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。ブルードッグは、ジョージ・ロドリーゲの愛犬ティファニーが亡くなった際に生まれました。なぜブルーかというと、生前は白黒の犬でしたが、死んだ彼女の魂は青色(ブルー)だった為と言われています。90年代から本格的に日本へ紹介された作家は大人気となり、多くのファンを生み出しました。高価買取のポイントは、ブルードッグ・作品の大きさ・描き込み具合になります。

@ 油絵
ジョージ・ロドリーゲの油絵作品はセカンダリーマーケット(二次流通)では殆ど見かけません。熱心なコレクターが多い印象で、手放す方が少ないのが要因ではないかと思います。その為、安定的な相場というものが形成されていませんが、数十万円代の買取査定額になる可能性が高いです。具体的な価格はサイズ・図柄・コンディションにより判断させていただく形になります。原画作品ですが鑑定書等は必要ありませんのでお気軽にご相談ください。

A 版画
高価買取のポイントで述べた通り<ブルードッグ>が描かれているかどうかが重要です。往々にして作家の代名詞である構図が最も評価が高いです。作品の流通量のわりに需要が高く、数万円〜10万円前後で買取することが多いです。具体的な金額は油絵作品と同様にサイズや図柄などを考慮して決定されます。
また、額装にもこだわっており、ブルーをメインカラーにして作られていることが多く、トータルで雰囲気を楽しめる作家です。
版画は保存状態によりシミや退色などのダメージがでる場合があります。状態により評価が変わりますので、現物確認後に最終的な判断をさせていただきます。


版画の買取について詳しくみる

ジョージ・ロドリーゲの作品

犬

■犬(版画)
背景はブルーですが、ブルードッグではありません。若干評価が下がり数万円代半ばの買取査定額となります。

FLOWER GIRL

■FLOWER GIRL(版画)
ジョージ・ロドリーゲの代表作、ブルードッグです。サイズは小ぶりでしたが5万円以上の買取査定額となります。

HAWAIIAN BLUES

■HAWAIIAN BLUES(版画)
ブルードッグで描き込みも十分です。作品の大きさもあったため、8万円〜10万円前後の買取査定額となります。

PageTop